fancyのブログ

EdrawSoft日本向けの広報担当者です。Edraw Max紹介や作図ソフトのおすすめとか、ダイアグラム作成方法とか、仕事の効率を向上させるいいコツなど発表していきたいと思います。創造力を活かし、より視覚的に

バリューチェーン分析とは何?

バリューチェーン分析は競争分析、事業戦略立案などに役立つ手法としてよく活用されています。この記事は、バリューチェーンの意味、目的、やり方などからバリューチェーン分析についてわかりやすくご紹介いたします。
 
バリューチェーンは、企業が原材料から製品までの商品やサービスに価値を付加するために実施する一連の価値創造活動を指し、日本語で言えば「価値連鎖」ということです。バリューチェーン分析により、自社にどのプロセスで大きな価値が生み出されているか、競合他社よりどのプロセスが優れているのか、または劣っているのかを明らかにし、それをもとに競争優位を獲得するための事業戦略や改善を検討、策定することに役立ちます。

f:id:edrawfancy:20170821105916p:plain

 
バリューチェーンにおける活動
バリューチェーンはそもそもマイケル・ポーターの1980年の本「Competitive Advantage(競争優位の戦略)」で提唱された概念です。マイケル・ポーター氏により、バリューチェーンは「主活動」と「支援活動」2種類の企業活動からなります。
「主活動」は原材料を製品に作成して、顧客に届けるための一連の企業作業を意味します。「支援活動」は「主活動」をサポートする活動を指します。
  • 主活動:購買物流、オペレーション(製造)、出荷物流、マーケティング・販売、サービスの5つのことに分類します。
  • 支援活動:調達、技術開発、人事管理、企業インフラの4つのことに分類します。

f:id:edrawfancy:20170821105856p:plain

 
では、なぜバリューチェーンを分析する必要はありますか?バリューチェーン分析の目的、またはメリットは何でしょうか?以下の2つのことをまとめます。
1. 自社の強みと弱みを整理、把握できる。
自社のどのプロセスで大きな価値が生み出されているのか、どのプロセスに無駄や問題などがあるのか、バリューチェーン分析により自社の強みと弱みを明らかにすることができます。さらに、強みを活かし、弱みを克服するための改善に役立ちます。(これもバリューチェーン分析はSWOT分析を行うための強みと弱みの整理に活用できる理由になります。)
2. 競合分析に活用できる。
自社と競合他社のバリューチェーンの比較を介して、相手の戦略や計画などを予測でき、競争優位を獲得するための効果的な戦略計画や策定は明確にします。
バリューチェーン分析のやり方
バリューチェーン分析を効果的に実施するには、以下の4つの手順が必要です。
バリューチェーン分析をよりはっきりとわかるように、以下はEdrawで作られたバリューチェーン分析の事例をご参照ください。

f:id:edrawfancy:20170821105833p:plain

 
まとめ
バリューチェーン分析は企業の競合分析、事業戦略立案などに有力なツールです。バリューチェーン分析も分野や業界によって違いますから、自社の状況に応じて、適切なバリューチェーン分析を行うことは重要です。さあ、自社のマーケティングバリューチェーン分析を活用してみましょう。

PEST分析 - 人気のマーケティング分析ツール

PEST分析とは、マクロ環境を概説するためのマーケティングに愛用された分析ツールです。この記事で、PEST分析の定義、構成要素、利点、SWOT分析との関係などからPEST分析をご紹介します。
 
PEST分析とは
PEST分析とは、環境戦略に使用されるマクロ環境要因を分析するためのマーケティングフレームワークです。その「PEST」とは、「Politics(政治)、Economy(経済)、Society(社会)、Technology(技術)」の4つの頭文字からなります。PEST分析は政治、経済、社会、技術という4つの方面から外部環境が現在または将来にどのような影響を与えるか、把握、予測するための手法であるわけです。

f:id:edrawfancy:20170816104931p:plain

 
PEST分析の4つの構成要素
冒頭で述べたとおり、政治、経済、社会、技術はPEST分析の4つの基本要素です。マクロ環境分析を行うのはこれらの4つの視点から始めるのです。
  • 政治 - 現在や将来にビジネスに影響を与える可能性のある法律、規制、税制の変化、政治動向、世界的な問題、国際政治関係など。
  • 経済 - 税金、為替、金利、株価などの変化、インフレ(物価)、景気動向、消費動向、GDP成長率などをすべて考慮する必要があります。
  • 社会 - 人口動態、価値観、ライフスタイル、消費習慣、流行、社会イベント、社会問題、教育などの要因を確認するべきです。<
  • 技術 - ビジネスに影響を与える技術動向、新技術の革新や開発、イノベーション、特許、グローバルコミュニケーションなどの要素が含まれます。
政治、経済、社会、技術のほかに、法律、環境という2つの項目もPEST分析に特に列挙されることもあります。
  • 法律 - 関連する法案の提案、実施、通過など。
  • 環境 - 地域や世界の環境、資源問題。
 
PEST分析のメリットとデメリット
有力な外部環境分析ツールとして、PEST分析は中長期的にビジネスを取り囲むマクロ環境を把握、洞察し、戦略的思考を促進するのに役立ちます。世の中の流れ、変化を把握することで、プロジェクトへの脅威に関しての意識を高め、将来の困難を予測し、その影響を回避または最小限に抑えるための行動を取ることを助けます。
しかしながら、PEST分析には、外部要因だけが厳密に検討されていません。また、PEST分析の実施には大量の情報を収集する必要があるから、多くの時間と工夫をかけることもあります。
 
PEST分析とSWOT分析
前述の通り、PEST分析には、外部要因のみが厳密に検討されいますが、内部要因に触れている事はないのですから、マーケティングに、PEST分析のほかに、SWOT分析もよく使われています。より正確に言えば、PEST分析はSWOT分析の一部として使われます。PEST分析における政治、経済、社会、技術についての外部要因分析はSWOT分析のOpportunities(機会)とThreats(脅威)に該当します。そのため、PEST分析はSWOT分析と一緒にビジネスのマーケティング分析のフレームワークとして活用されます。

f:id:edrawfancy:20170816105017p:plain

 
PEST分析における注意点
PEST分析はマクロ環境分析を行うのに適切で効果的なマーケティングフレームワークですけど、その使いには注意しなければならないこともあります。
  • PEST分析は外部環境、世の中の流れや変化をめぐって行われているのですが、「自分のビジネスを取り囲む環境」がそのポイントになることを忘れないでください。
  • PEST分析が目指すのは中長期的な戦略的思考を促進することですから、現在だけでなく、未来のことを考えなければならないのです。
 
PEST分析ツール - Edraw
EdrawはPEST分析を実行し、素敵なPEST分析図を作成するための使いやすいツールです。組み込みの無料で使えるPEST分析テンプレートと例をご参考として、既製でベクターのPEST素材を使って、見栄え良くてわかりやすいPEST分析図を簡単に作成するのは可能です。

f:id:edrawfancy:20170816105033p:plain

Edraw PEST分析ツールをダウンロードして、組み込みのPEST素材とテンプレートを使って、PEST分析を効率的に実行しましょう。
 
まとめ
総じて言えば、PEST分析は環境戦略に使用されるマクロ環境要因を分析するための有力なマーケティングフレームワークです。しかし、それは何のケースや場合にも適用する手法ではありません。そのため、PEST分析をしっかり理解する上に適切なケースに応用するのは良いです。

SWOT分析事例 - 無料ダウンロード

ユーザーがSWOT分析を行う時のご参考のSWOT分析の事例をいくつご用意しています。クイックスタートをしたい場合は、これらの既製で編集可能な活用事例が最適です。
既製のSWOT分析例やテンプレートから始めるのは、SWOT図の作成に多くの時間を節約することができます。カスタマイズ可能な実例をダウンロードして、Edraw SWOTツールを使用して、テキスト、色、テーマなどをお好みに変更するだけです。この記事では、スターバックス、ディズニーなどの企業分析、マインドマップ型のSWOT分析、就活などに役立つ個人のSWOT分析など、様々な具体例を見つけることができ、さらに、PDF 形式とEDDX形式(編集可)のダウンロードをサポートします。ご要望によって適切な一つをダウンロードして、あなたのSWOT分析のご参考として使いましょう。
 

f:id:edrawfancy:20170811104049p:plain

 
SWOT分析事例-ディズニー

f:id:edrawfancy:20170808110926p:plain

 

f:id:edrawfancy:20170811104113p:plain

 
SWOT分析事例-性格分析

f:id:edrawfancy:20170811104129p:plain

SWOTで性格分析については、この記事で詳しく了解しましょう:SWOTで自己分析を容易にしよう

SWOT分析

SWOT分析は、強み、弱み、機会と脅威4つの方面から企業や個人を分析するための有力なツールです。この記事では、SWOTの定義、SWOT分析のやり方、ツールなどからSWOT分析を概説します。
 
SWOT分析とは、最初に企業戦略計画、競合他社の分析などのためのツールとして開発されてきました。SWOTは、強み(Strength)、弱み(Weakness)、機会(Opportunity)、脅威(Threat)の頭文字を組み合わせた短縮語で、SWOT分析はある目標を達成するための意思決定や戦略計画などが必要なときに、強み、弱み、機会、脅威という4つの観点から組織や個人を分析する手法です。SW(強みと弱み)は、主に内部状態を分析し、OT(機会と脅威)は外部環境、条件から分析します。この方法により、自社(自身)の競争力、ビジネスの発展の将来性と方向性、発展の妨げになる問題、それに対する解決策など様々なことを見つけることができます。SWOT分析手法で要因を1つずつ分析することで、問題を解決するための緊急/弱いニーズと、戦略目標上の障害/チャンスの一部に応じて、すべての問題に優先順位を付け、最後は正確な意思決定やマーケティング戦略計画の策定につながります。今はマーケティングにおける企業分析、就活、自己改善における自己分析などによく活用されています。
 
以下が示す通りに、SWOT分析マトリックスで表現することはよくあります。横軸に「内部要因」と「外部要因」、縦軸には「プラス要因(ポジティブ要因)」と「マイナス要因(ネガティブ要因)」が記入されています。

f:id:edrawfancy:20170808110658p:plain

内部要因:具体的なパフォーマンスは実際の競争力です。競合他社とのより詳細な比較をより効率的に行うためには、バリューチェーン内の各リンクの長所と短所を分析する必要があります。
+強み:永続的な利点を与える会社の内部の良いことで、自社が競合他社に勝る能力です。この能力は、企業の主要な目標、すなわち利益の増加または市場シェアを達成するのに役立ちます。
例:高付加価値製品の作成、有利な競争状況、適切な財源、会社の良い印象、ユニークな技術、規模的な経済、製品の品質、マーケットシェア、コスト上の優勢、広告キャンペーンなどなど。
- 弱み:強みと対照的に、これは実質的な改善の余地があり、会社にとっての内部的な悪い点を指します。製品が新しいかどうか、製造プロセスが複雑かどうか、販売チャネルが円滑かどうか、そして価格に競争力があるかどうかなど。
例:設備の高齢化、管理不足、主要技術の不足、研究開発の遅れ、資金の不足、製品のバックログなどなど。
外部要因:業界や社会、国際の変化動向のことです。外部要因の分析には、PEST分析や五つの力の分析がよく使われています。
+機会:これは、会社が活用できるプラスの外部環境、要因のことです。社会、国際情勢、業界分野、経済スタイルなどの任意の変化動向も有益な機会になる可能性があります。
例:海外の新しい市場の開拓、新製品、新市場、新しい要件、外国市場への障壁の除去などなど。
-脅威:これらは、プロジェクトの開発を妨げる可能性のある問題、障害物または外部ブレーキをまとめた外部的なマイナスの要因です。環境脅威は、不利な傾向から生じる環境問題の一種に関連しています。適切な戦略的行動をとらなければ、これらのマイナスの傾向は会社の競争力の弱さにつながります。
例:為替レートの変化、新しい競争相手、代替製品の増加、タイトな市場、業界政策の変化、景気後退、顧客の好みの変化などなど。
 
SWOT分析のやり方
  1. 現在の戦略は何ですか?
  2. 外部環境の変更を抽出します。(PEST分析や五つの力分析方法)
  3. 自社のを整理するときに、自分の主要な強みと鍵となる制限要素をはっきりと区別します。(バリューチェーン分析
  4. すべての強みを2つのグループに分け、一つは潜在的な機会に、もう一つは潜在的な脅威につながります。同じように、すべての弱みも、機会と脅威にそれぞれ関連付けるように2つのグループに分けます。
  5. クロスSWOT分析マトリックスで結果を見つける。
以下が示すのは、SWOT分析の関連要因にご参照になる可能な点です。
 

f:id:edrawfancy:20170808110749p:plain

 
クロスSWOT分析を始める
前述したSWOT分析は内部要素の強み、弱みと外部要素の機会、脅威をマトリックスでまとめています。次は、クロスSWOT分析手法を活かして、本格的な分析を行って、目標を達成するための正確な戦略計画を立てます。

f:id:edrawfancy:20170808110808p:plain

1. SO(強み&機会)-強みと機会の交差点は最優先で、最も注目すべきところです。自身の強みを活用して、機会をしっかりつかむための戦略について考慮します。
2. ST(強み&脅威)-どうやって強みを介して外部環境からの脅威に対抗しますか?強みを活用して脅威を機会に変更する可能性はありますか?このようなことを検討する必要があります。
3. WO (弱みと機会)-弱みがある場合は、機会をつかむために弱みを改善しなければならないのです。しかし弱みの克服は短い期間でできないこともあるから、弱みの重要性、関連性に応じて、段階的な対策で解決することが良いです。
4. WT (弱みと脅威)-弱みと脅威の両方からのストレスがある場合は、防衛のはおすすです。最悪の状況を避けるためには何をする必要があるのか、としっかり考えてください。
 
使いやすいSWOT分析ツール - Edraw
EdrawはSWOT分析を実行し、素敵なSWOTマトリックスを作成するための使いやすいツールです。既製でベクターSWOTマトリックス素材が組み込まれて、豊富なSWOT分析テンプレートと事例も無料で使えます。Edrawを介して、SWOT分析はすごく簡単になります。

f:id:edrawfancy:20170808110839p:plain

Edraw SWOT分析ツールをダウンロードして、組み込みのSWOT素材とテンプレートを使って、SWOT分析を効率的に実行しましょう。
 
SWOT分析テンプレートと活用事例
SWOT分析のご参考のため、以下はシンプルなSWOT分析テンプレートSWOT分析の事例をご用意します。これを参考に効果的なSWOT分析を進めて下さい。
SWOT分析テンプレート

f:id:edrawfancy:20170808110916p:plain

ディズニーSWOT分析

f:id:edrawfancy:20170808110926p:plain

 

ワイヤーフレームの書き方 - Edraw

サイトの制作やUIの設計にはワイヤーフレームを作成する必要があります。この記事では、ワイヤーフレームの作りにおけるルールや作成手順から、ワイヤーフレームの書き方をご紹介します。

ワイヤーフレームを作成する前に

ワイヤフレームとは、WebページやUI内の要素がどのように配置、レイアウトすることを視覚的に概説する設計図です。ウェブサイトやUIを構築しようとする人にとって、デザインの下書きであるワイヤフレームは構築を開始する基礎となります。ワイヤーフレームの作成には、基本のルールとして、以下の二つのことに気をつけてほうが良いのです。
1. 色はありません。ワイヤフレームは、デザインの骨組みに集中することを目指しています。アイテムを区別するために実際に色を使用する必要がある場合は、様々なグレートーンを使用してその違いを表示します。
2. 画像がありません。ワイヤーフレーム作りでは、用途を優先事項として考えられます。イメージとそのサイズを配置する場所を指定するには、その代わりに "x"を使用して寸法を決めるサイズの四角いボックスを使用します。

ワイヤーフレーム作成の4つのステップ

1. WebページやUIに掲載するものを洗い出して、整理する。

ページにはどんなものを載せるべきのか、ロゴ、バナー画像、会社名、会社紹介、連絡先、提供するサービスなど思い出すすべてのことを書き出します。次に、その性質に応じて、情報をグループしてまとめます。さらに、情報に優先順位を付けます。例えば、会社名とロゴは高い優先順位と思われて、ワイヤーフレーム作成時には目立つ位置に配置する必要があります。
2. 以上の情報をレイアウトする。
Webサイトのレイアウトにはマルチカラム、シングルページ、フルスクリーンなどいろいろな種類がありますが、一般的にはヘッダー、コンテンツ、ナビゲーション、フッターなど基本の要素が含まれます。適切なレイアウトタイプを選んで、整理した情報をこれらの基本要素に対応して、ページ内に配置します。

f:id:edrawfancy:20170726105118p:plain

3. 紙に下書きをする。

レイアウトにより、紙で情報を配置して、ワイヤーフレームの下書きを描きます。描き途中で新たな載せたい情報が思い出したり、掲載必要がないと思う情報を削除したりして、ワイヤーフレームの構成を最適化にします。
4. ツールでワイヤーフレームを作成する。
1つのツールを選んで、ワイヤーフレームの作成を始めます。Edrawワイヤーフレームツールは初心者でも素敵なワイヤーフレームを簡単に作成できる優れたツールです。

Edrawでワイヤーフレームを簡単に作成する

ここでは、Edrawを使ってワイヤーフレームを簡単に作成する方法を8つのステップで説明します。
1. Edraw ワイヤーフレームツールを起動する
Edraw を起動して、「新規作成」のワイヤーフレームにおけるウェブサイトワイヤーフレームをクリックして、空白のキャンバス及びワイヤーフレームの作成に必要な図形を含むライブラリを開きます。

f:id:edrawfancy:20170803123140p:plain

2. ワイヤーフレームページサイズを設定する
「ページレイアウト」にあるページ設定におけるボタンにより、ワイヤーフレームのページサイズを設定します。自動サイズ、既定サイズやカスタマイズサイズなどのオプションがあり、デザインのご要望によって選んでください。

f:id:edrawfancy:20170803123210p:plain

3. ワイヤーフレーム素材を追加する
下書きに基づいて、左側にあるライブラリから、ロゴ、画像、ヘッダーなどの情報を示す必要のワイヤーフレーム図形をドラッグして、キャンバスにドロップします。素材や図形に色、サイズなどをカスタマイズすることができます。

f:id:edrawfancy:20170803123224p:plain

f:id:edrawfancy:20170803123236p:plain

4. レイアウトをきれいにする
ワイヤーフレームをきれいにレイアウトするには、ホームメニューにある「配置」と「間隔調整」ボタンをポイントして、選ばれた図形を自動配置、整列します。

f:id:edrawfancy:20170803123248p:plain

f:id:edrawfancy:20170803123257p:plain

5. ワイヤーフレームをエクスポート、共有、印刷する
デザインができたら、ワイヤーフレームをJPG、PDF、オフィスファイル、SVGVisioなど様々な形式にエクスポートして保存できます。プレゼンテーションなどに使いやすいです。

f:id:edrawfancy:20170803123311p:plain

Edrawは、クラウド保存と共同作業もサポートします。ワイヤーフレームをチームクラウドに保存すると、仕事チームのメンバーの全員がそれを見え、情報を取ることができます。情報共有、協力交流などに役に立ち、Web制作を進めることができます。

f:id:edrawfancy:20170803123321p:plain

ファイルタブをクリックして、印刷を選んでから、ワイヤーフレームのプレビューが自動的に表れてきます。プレビューの下にあるページの矢印で、すべてのページをチェックできます。ダイアグラムのページが印刷紙より大きい場合は、ダイアグラムが1枚以上で印刷されてくるようになります。1枚だけでいいなら、「そのほかの印刷設定... 」をクリックして、自動調整を選択します。

f:id:edrawfancy:20170803123331p:plain

さあ、Edraw ワイヤーフレームツールをダウンロードして、ワイヤーフレームを簡単に作成しましょう。