読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

edrawfancyのブログ

EdrawSoft日本向けの広報担当者です。Edraw Max紹介や作図ソフトのおすすめとか、ダイアグラム作成方法とか、仕事の効率を向上させるいいコツなど発表していきたいと思います。創造力を活かし、より視覚的に

競合分析に最適なチャートツール 5選

ソフトウェア チャートとグラフ
ビジネスにおいて「知る」とは大事なことだと思われます。相手と味方の情勢をはっきりと知れば、正確で、効果的な戦略策定やビジネス決定をすることが可能です。それによって、競合分析を行うことは、ビジネスマーケティングにとって非常に重要です。このページでは、競争力分析でよく使用される5つのチャートとテンプレートを説明します。
マーケティング競合分析は、マーケティング計画において重要な役割を果たします。競合分析を行うことで、現在及び潜在的な競合他社の長所と短所を把握し、製品やサービスをユニークなものにすることを意識するしておき、競争に勝つための正しいマーケティング戦略を立てることができます。では、競合分析のため、どのようなツールや手法は効果がよいのでしょうか。以下、競合分析を行うときによく使う5つのチャートを紹介させていただきます。
 
1. レーダーチャート
レーダーチャートは、複数の項目の多少で比較するデータの視覚化方法で、クモの巣のようなグラフです。複数のデータを中心点から多角形の頂点までの数値軸の距離で表し、各頂点を結ぶと、項目それぞれの数量の大小を一見して比較できる。特性の範囲で2つ以上の製品を比較する有効な方法であるため、常に競合分析に使用されます。

f:id:edrawfancy:20170302103314p:plain

f:id:edrawfancy:20170302103329p:plain

 
2. 比較図
比較図は、競合分析のための伝統的な方法です。分析項目のリストを作成し、すべての競合他社のと1つずつ評価します。数字またはスコアを使って、比較結果をグラフィックルに示します。簡単で使いやすいので、常に基本的な競合分析ツールとして使用されています。

f:id:edrawfancy:20170302103527p:plain

比較図作成ソフトをお試してみよう
 
3. 散布図
散布図には、2つの項目間の関係を示す一連の個別のドットがあります。 競合他社の分析に使用する場合は、軸の1つに製品フィーチャーをリストし、別の軸にスコアを表示し、異なるブランド/製品を表すために異なる色のスキャッターを使用します。2つの項目の分布、相関関係を把握できる特徴があります。ドットが右上がりに分布している場合は、2つ項目間に正の相関関係があり、右下がりでは負の相関関係があります。以下の例を見てください:

f:id:edrawfancy:20170302103503p:plain

4. バブルチャート
バブルチャートは、3つのデータディメンションを視覚化する散布図のバリエーションです。データの第3次元は、気泡のサイズによって表される。例えば、下記の例で、X軸に個々の製品価格が表示されています。Y軸には月間売上が表示されます。バブルのサイズは製品の将来の成長を表しています。

f:id:edrawfancy:20170302103725p:plain

 
5. マトリックスチャート
マトリックスチャートは、比較表のバリエーションです。その違いは、マトリックスチャートでは、異なる色を簡単に使用して異なる度合いを表すことができることです。下記の図のように、緑の色は相対的に低いスコアを表し、赤の色はかなりうまくいったことを意味します。

f:id:edrawfancy:20170302103628p:plain

 
まとめ
競合分析、データ分析、報告レポートなどビジネスの場合に、これらのチャートとグラフを使うと、魅力的で、ユニークなプレゼンテーションを作成できます。何種類のチャートとグラフの組み合わせで、一見して人目を引くものを作り出します。