edrawfancyのブログ

EdrawSoft日本向けの広報担当者です。Edraw Max紹介や作図ソフトのおすすめとか、ダイアグラム作成方法とか、仕事の効率を向上させるいいコツなど発表していきたいと思います。創造力を活かし、より視覚的に

あなたが知っておくべき8つのプロジェクトマネジメント手法

ガントチャートPERT図、マインドマップ、カレンダー、タイムライン、WBSチャート、進捗管理、QFDなど、プロジェクト管理者が知っておくべき8つの効果的なプロジェクトマネジメント手法をご紹介します。それぞれのメリットとデメリットを押さえて、自分の仕事に最適なものを選んでください。
 
プロジェクトマネジメントとは
プロジェクトマネジメントは、計画、作業系統化、コスト、資源(人、物)、時間、リスク、進捗などプロジェクトにかかわることを管理することと意味します。それは効率的に業務を行って、プロジェクトを成功に完了させることを目指します。
プロジェクトマネジメントについて、PMBOK(プロジェクトマネジメント知識体系ガイド)という管理の分類と標準があります。PMBOKには、プロジェクト統合マネジメント、プロジェクト・スコープ・マネジメント、プロジェクト・タイム・マネジメント、プロジェクト・コスト・マネジメント、プロジェクト品質マネジメント、プロジェクト人的資源マネジメント、プロジェクト・コミュニケーション・マネジメント、プロジェクト・リスクマネジメント、プロジェクト調達マネジメント、プロジェクト・ステークホルダー・マネジメントという10の知識エリアが含まれます。下記紹介する8つのプロジェクトマネジメント手法はPMBOKにおける一つ、または複数のエリアにかかわるプロジェクトマネジメントに活用されます。
 
8つのプロジェクトマネジメント手法
プロジェクトマネジメントをより効率的行うための手法とツールはたくさんあります。 一般的に使用されるものは、ガントチャートPERT図、マインドマップ、カレンダー、タイムライン、WBSチャート、進捗管理、QFDなどの手法です。

f:id:edrawfancy:20170516101630p:plain

 
ガントチャートは、大規模プロジェクトを一連の小さなタスクに組織的に分割して、プロジェクトの計画と管理に役立ちます。左端がタスクの開始日を示し、右端がタスクの完了日を示す水平バーによって各タスクの持続時間を表示します。タスクは順次、並列、または重複して実行できます。その中に、重要なタスクは小さな菱形でマークされた「マイルストーン」として強調表示されます。カントチャートでは、サブタスクが何であるか、各タスクの開始と終了を明確に認識できます。プロジェクトの視覚的概要を提示すると、プロジェクトのどの段階で何が起こっているべきかを見て、進捗状況を容易に追跡できます。

f:id:edrawfancy:20170516101641p:plain

ガントチャートをより深く理解するように、もっとガントチャートテンプレートを見よう。
 
PERTは、プログラム評価レビューテクニックの略語で、プロジェクトにおけるタスク、作業の処理順序の関係を表現するプロジェクトマネジメント手法。PERT図には、タスクの分割、時間の割り当て、開始日と終了日も表示されます。タスクを表すバーを使用するガントチャートとは異なり、PERT図は、タスクを表すボックスとタスク間の依存関係を表す矢印を使用するネットワークモデルとして情報を表示します。PERT図を介して、タスク間の相互関係と順序を明らかにしやすく、プロジェクト管理の重点と問題点がはっきりしています。

f:id:edrawfancy:20170516101715p:plain

PERTをより深く理解するように、もっとPERT図のテンプレートを見よう。
 
カレンダー
カレンダーは、最も簡単に理解できるスケジュール管理のプロジェクトマネジメント手法です。プロジェクトのタイムスケジュールをわかりやすいカレンダーでリストして、プロジェクトマネジメントにおける時間管理に役に立ちます。

f:id:edrawfancy:20170516101917p:plain

 
プロジェクトタイムライン
タイムラインは、線に沿ってプロジェクトのタスクを時間通りに表示することができます。タイムラインを使用すると、タスクをいつ実行する必要があるかを明確に視覚化します。これは、時間の経過とともにタスクを一覧するのに順序的な方法です。ただし、タイムラインは、タスクの依存関係や完了状態の表示には制限があるから、ガントチャートほど人気がありません。

f:id:edrawfancy:20170516101948p:plain

プロジェクトタイムラインをより深く理解するように、もっとタイムラインの例を見よう。
 
WBSとは、プロジェクト全体を詳細な作業とタスクに分解して木の構造で説明することを指し、作業分解構造(Work Breakdown Structure)の略す。プロジェクト全体を把握した上で、誰がいつで何のことをどのレベルまで完了するかという形式で、やるべき各作業とタスク及びその担当者を洗い出します。PMBOKにおけるスコープ、タイム、コストなどのマネジメントに活用することが良くあります。

f:id:edrawfancy:20170516102012p:plain

WBSをより深く理解するように、もっとWBSの例を見よう。
 
マインドマップも、プロジェクトを管理するためのパワフルなツールです。普通のプロジェクト管理手法とは異なり、マインドマップはフォーマルではなく、さらに柔軟性があります。マインドマップにより、複雑なプロジェクトを小さなタスクに分割したり(WBSによく用いられる)、リストを管理したり、問題を分析したりすることができます。マインドマップを使用すると、写真を挿入したり、ファイルをリンクしたりすることができます。

f:id:edrawfancy:20170516102117p:plain

 
進捗管理は、プロジェクトの進行状況を追跡するのに使用される効果的なツールです。 プロジェクトの持続時間とタスクの関係はあまり詳しく述べられていませんが、進捗状況に重点を置いています。 進捗管理により、プロジェクトリーダーが各作業とタスクの責任者を明らかにし、問題が発生したら効果的に対応でき、プロジェクトチームにおけるメンバーの業績をより明確に評価できます。

f:id:edrawfancy:20170516102158p:plain

進捗管理をより深く理解するように、もっと進捗管理表のテンプレートを見よう。
 
品質機能展開(QFD)
品質機能展開(QFD)とは、顧客の希望と製品の機能との関係を定義して、顧客(市場)の要求を設計、開発の担当者に伝達するため、プロジェクト品質マネジメントにかかわる手法です。QFDには信頼性展開、技術展開、コスト展開、営業展開などの方法が含まれます。顧客(市場)と技術やサービス提供者(開発者)の橋渡しとして、効果的な提案や設計稿を得ることを助けます。品質機能展開表はQFDを行って、視覚化にする手段です。

f:id:edrawfancy:20170516102230p:plain

QFD手法をより深く理解するように、もっと品質機能展開事例を見よう。
 
まとめ
各ツールともそれぞれのメリット、デメリットがあり、適用する場合もいろいろあります。プロジェクトのタイプ、目標などに応じて、適当なプロジェクト管理ツールを選んでこそ、業務を行う効率を向上させたり、管理を系統的にしたりする目的が達成することが可能です。
上記のすべてのプロジェクトマネジメント手法は、Edrawという1つのプログラムに含まれています。 今すぐこのプログラムをダウンロードして、プロジェクト管理図を作成するための強力な機能をお試してみましょう。