edrawfancyのブログ

EdrawSoft日本向けの広報担当者です。Edraw Max紹介や作図ソフトのおすすめとか、ダイアグラム作成方法とか、仕事の効率を向上させるいいコツなど発表していきたいと思います。創造力を活かし、より視覚的に

インフォグラフィックデザインを目立たせるための7つのコツ

おしゃれなインフォグラフィックを簡単に作りたいのでしょうか?ここで、インフォグラフィックスデザインを目立たせるための7つのコツをご紹介します。これらのコツを意識すれば、きれいで魅了的なインフォグラフィックを作り出すのは簡単になります。
インフォグラフィックスとは、複雑なデータを簡単に説明し、表現するための視覚化ツールです。さらに、ビジネス、教育、ネットワークなど様々な業界に注目されているコミュニケーションの形の1つになります。それにより、効果的で目を引く印象的なインフォグラフィックを作り出すことがいかに重要であるとはくどくど言うまでもありません。このページでは、あなたのインフォグラフィックデザインを目立たせるためのデザインコツや制作ポイントをご紹介します。
 
1.インフォグラフィックのターゲットを明確に
インフォグラフィックをデザインする前にそれに記載するものを誰に見せるかということを意識するようにしましょう。専門者や一般の人々?学生やサラリーマン?子供や大人?などターゲットオーディエンスの身分を意識して、それらのレベル、好き嫌いなどに応じて、合っているインフォグラフィック要素、テーマを選ぶ必要があるというわけです。はやっているから、一気に何もインフォグラフィックデザインに加えることはだめです。

f:id:edrawfancy:20170704110715p:plain

2. インフォグラフィックの焦点をはっきりと
インフォグラフィックスは複雑な情報を簡単な方法で表現するために生まれてきたものです。情報を可視化にして、わかりやすくするのに役立ちます。そのため、インフォグラフィックスの目的を達成するようにすれば、伝えたい情報をきわめてはっきりとして表現しなければならないのです。インフォグラフィックスにすべてのことを入れて焦点を目立たせるのは不可能で、中心となる情報を抽出する必要があります。

f:id:edrawfancy:20170704110703p:plain

3. ビジュアルストーリーで表現する
レイアウトをきれいにすると、インフォグラフィックスをより魅力的で読みやすいものにすることができます。「短い」グラフィックで豊富な情報を伝達することを目指すから、インフォグラフィックにおけるストーリーは瞬時で語られべきです。そのため、インフォグラフィックに多くのテキストを追加する必要はなく、タイムラインを使用して時間とともに変化するものを表示するのはよいでしょう。例えば、以下のインフォグラフィックは新年旅行計画をタイムラインの形で示されています。それにより、旅行時間と目的地の情報を簡単かつ迅速に得ることができます。
インフォグラフィックレイアウトテンプレートでおしゃれなレイアウトアイデアを探しましょう。

f:id:edrawfancy:20170704110646p:plain

4. シンプルにする
3D効果のチャート、装飾用のイラスト、関係なしの要素など不要なデザインを避けてください。1つのレイアウトで5色以上を使用しないようにしましょう。派手すぎる装飾と色が読者に注意力を散漫にさせる恐れがあるからです。

f:id:edrawfancy:20170704110630p:plain

5.コントラストの色を適度で使う
オレンジ、赤、黄のような暖色系と青、紫、緑のような寒色、 カラーホイールにおけるコントラストの色を使うのはお勧めです。類似の色を使えば、インフォグラフィックス上のオブジェクトを互いに区別しにくくなります。コントラストが強いほど、インフォグラフィックスを読みやすくなります。一方、コントラストカラーを使用すると、インフォグラフィックスがきれいなり、他のページからも際立つようになります。たとえそうだとしても、コントラストカラーを使いすぎるなら、期待と裏腹の結果となる可能性があります。だから、コントラストの色を適度で使ってください。

f:id:edrawfancy:20170704110614p:plain

6. 適切なチャートとグラフを選ぶ
データのタイプは、インフォグラフィックスで使用する必要のあるグラフやチャートの種類を決めているのですから、「それはデータ項目間の比較ですか?」「 時間の経過と共に変化の傾向がありますか?」 「各項目の比例は明らかにしていますか? 」など表現したいデータを分析して、そのタイプを把握してみてください。時系列の変化を示すのに折れ線グラフや縦棒グラフは最適で、データ項目間の比較には円グラフ、横棒グラフ、比較図、レーダーチャートなどの選択肢があります。

f:id:edrawfancy:20170704110559p:plain

7. インフォグラフィックスを使用場合に合わせる
印刷のためにインフォグラフィックなのに、印刷された出来上がりにはテキストが小さすぎて読みにくくなる、こういうような使用する必要の場合に適用できないインフォグラフィックを作り出すことはあります。これを防ぐために、ディメンションを決定する前に、その使用場所を特定して、インフォグラフィックを期待される環境に合わせなる必要があります。
 
まとめ
要するに、インフォグラフィックスの作成は簡単なのに、目立った魅力的なインフォグラフィックのデザインには工夫を施す必要があります。ターゲットオーディエンス、コンテンツ、配色、レイアウト、用途などいろいろのことを考慮すべきのです。以上紹介された7つのデザインコツは文字だけでインフォグラフィックの制作について説明しますから、本格なインフォグラフィックデザインはやはり自らで実践するのは良いと思います。前述のコツをインフォグラフィックデザインに活かして、自らですばらしいインフォグラフィックを作りましょう。