edrawfancyのブログ

EdrawSoft日本向けの広報担当者です。Edraw Max紹介や作図ソフトのおすすめとか、ダイアグラム作成方法とか、仕事の効率を向上させるいいコツなど発表していきたいと思います。創造力を活かし、より視覚的に

ワイヤーフレームの書き方 - Edraw

サイトの制作やUIの設計にはワイヤーフレームを作成する必要があります。この記事では、ワイヤーフレームの作りにおけるルールや作成手順から、ワイヤーフレームの書き方をご紹介します。

ワイヤーフレームを作成する前に

ワイヤフレームとは、WebページやUI内の要素がどのように配置、レイアウトすることを視覚的に概説する設計図です。ウェブサイトやUIを構築しようとする人にとって、デザインの下書きであるワイヤフレームは構築を開始する基礎となります。ワイヤーフレームの作成には、基本のルールとして、以下の二つのことに気をつけてほうが良いのです。
1. 色はありません。ワイヤフレームは、デザインの骨組みに集中することを目指しています。アイテムを区別するために実際に色を使用する必要がある場合は、様々なグレートーンを使用してその違いを表示します。
2. 画像がありません。ワイヤーフレーム作りでは、用途を優先事項として考えられます。イメージとそのサイズを配置する場所を指定するには、その代わりに "x"を使用して寸法を決めるサイズの四角いボックスを使用します。

ワイヤーフレーム作成の4つのステップ

1. WebページやUIに掲載するものを洗い出して、整理する。

ページにはどんなものを載せるべきのか、ロゴ、バナー画像、会社名、会社紹介、連絡先、提供するサービスなど思い出すすべてのことを書き出します。次に、その性質に応じて、情報をグループしてまとめます。さらに、情報に優先順位を付けます。例えば、会社名とロゴは高い優先順位と思われて、ワイヤーフレーム作成時には目立つ位置に配置する必要があります。
2. 以上の情報をレイアウトする。
Webサイトのレイアウトにはマルチカラム、シングルページ、フルスクリーンなどいろいろな種類がありますが、一般的にはヘッダー、コンテンツ、ナビゲーション、フッターなど基本の要素が含まれます。適切なレイアウトタイプを選んで、整理した情報をこれらの基本要素に対応して、ページ内に配置します。

f:id:edrawfancy:20170726105118p:plain

3. 紙に下書きをする。

レイアウトにより、紙で情報を配置して、ワイヤーフレームの下書きを描きます。描き途中で新たな載せたい情報が思い出したり、掲載必要がないと思う情報を削除したりして、ワイヤーフレームの構成を最適化にします。
4. ツールでワイヤーフレームを作成する。
1つのツールを選んで、ワイヤーフレームの作成を始めます。Edrawワイヤーフレームツールは初心者でも素敵なワイヤーフレームを簡単に作成できる優れたツールです。

Edrawでワイヤーフレームを簡単に作成する

ここでは、Edrawを使ってワイヤーフレームを簡単に作成する方法を8つのステップで説明します。
1. Edraw ワイヤーフレームツールを起動する
Edraw を起動して、「新規作成」のワイヤーフレームにおけるウェブサイトワイヤーフレームをクリックして、空白のキャンバス及びワイヤーフレームの作成に必要な図形を含むライブラリを開きます。

f:id:edrawfancy:20170803123140p:plain

2. ワイヤーフレームページサイズを設定する
「ページレイアウト」にあるページ設定におけるボタンにより、ワイヤーフレームのページサイズを設定します。自動サイズ、既定サイズやカスタマイズサイズなどのオプションがあり、デザインのご要望によって選んでください。

f:id:edrawfancy:20170803123210p:plain

3. ワイヤーフレーム素材を追加する
下書きに基づいて、左側にあるライブラリから、ロゴ、画像、ヘッダーなどの情報を示す必要のワイヤーフレーム図形をドラッグして、キャンバスにドロップします。素材や図形に色、サイズなどをカスタマイズすることができます。

f:id:edrawfancy:20170803123224p:plain

f:id:edrawfancy:20170803123236p:plain

4. レイアウトをきれいにする
ワイヤーフレームをきれいにレイアウトするには、ホームメニューにある「配置」と「間隔調整」ボタンをポイントして、選ばれた図形を自動配置、整列します。

f:id:edrawfancy:20170803123248p:plain

f:id:edrawfancy:20170803123257p:plain

5. ワイヤーフレームをエクスポート、共有、印刷する
デザインができたら、ワイヤーフレームをJPG、PDF、オフィスファイル、SVGVisioなど様々な形式にエクスポートして保存できます。プレゼンテーションなどに使いやすいです。

f:id:edrawfancy:20170803123311p:plain

Edrawは、クラウド保存と共同作業もサポートします。ワイヤーフレームをチームクラウドに保存すると、仕事チームのメンバーの全員がそれを見え、情報を取ることができます。情報共有、協力交流などに役に立ち、Web制作を進めることができます。

f:id:edrawfancy:20170803123321p:plain

ファイルタブをクリックして、印刷を選んでから、ワイヤーフレームのプレビューが自動的に表れてきます。プレビューの下にあるページの矢印で、すべてのページをチェックできます。ダイアグラムのページが印刷紙より大きい場合は、ダイアグラムが1枚以上で印刷されてくるようになります。1枚だけでいいなら、「そのほかの印刷設定... 」をクリックして、自動調整を選択します。

f:id:edrawfancy:20170803123331p:plain

さあ、Edraw ワイヤーフレームツールをダウンロードして、ワイヤーフレームを簡単に作成しましょう。