edrawfancyのブログ

EdrawSoft日本向けの広報担当者です。Edraw Max紹介や作図ソフトのおすすめとか、ダイアグラム作成方法とか、仕事の効率を向上させるいいコツなど発表していきたいと思います。創造力を活かし、より視覚的に

SWOT分析

SWOT分析は、強み、弱み、機会と脅威4つの方面から企業や個人を分析するための有力なツールです。この記事では、SWOTの定義、SWOT分析のやり方、ツールなどからSWOT分析を概説します。
 
SWOT分析とは、最初に企業戦略計画、競合他社の分析などのためのツールとして開発されてきました。SWOTは、強み(Strength)、弱み(Weakness)、機会(Opportunity)、脅威(Threat)の頭文字を組み合わせた短縮語で、SWOT分析はある目標を達成するための意思決定や戦略計画などが必要なときに、強み、弱み、機会、脅威という4つの観点から組織や個人を分析する手法です。SW(強みと弱み)は、主に内部状態を分析し、OT(機会と脅威)は外部環境、条件から分析します。この方法により、自社(自身)の競争力、ビジネスの発展の将来性と方向性、発展の妨げになる問題、それに対する解決策など様々なことを見つけることができます。SWOT分析手法で要因を1つずつ分析することで、問題を解決するための緊急/弱いニーズと、戦略目標上の障害/チャンスの一部に応じて、すべての問題に優先順位を付け、最後は正確な意思決定やマーケティング戦略計画の策定につながります。今はマーケティングにおける企業分析、就活、自己改善における自己分析などによく活用されています。
 
以下が示す通りに、SWOT分析マトリックスで表現することはよくあります。横軸に「内部要因」と「外部要因」、縦軸には「プラス要因(ポジティブ要因)」と「マイナス要因(ネガティブ要因)」が記入されています。

f:id:edrawfancy:20170808110658p:plain

内部要因:具体的なパフォーマンスは実際の競争力です。競合他社とのより詳細な比較をより効率的に行うためには、バリューチェーン内の各リンクの長所と短所を分析する必要があります。
+強み:永続的な利点を与える会社の内部の良いことで、自社が競合他社に勝る能力です。この能力は、企業の主要な目標、すなわち利益の増加または市場シェアを達成するのに役立ちます。
例:高付加価値製品の作成、有利な競争状況、適切な財源、会社の良い印象、ユニークな技術、規模的な経済、製品の品質、マーケットシェア、コスト上の優勢、広告キャンペーンなどなど。
- 弱み:強みと対照的に、これは実質的な改善の余地があり、会社にとっての内部的な悪い点を指します。製品が新しいかどうか、製造プロセスが複雑かどうか、販売チャネルが円滑かどうか、そして価格に競争力があるかどうかなど。
例:設備の高齢化、管理不足、主要技術の不足、研究開発の遅れ、資金の不足、製品のバックログなどなど。
外部要因:業界や社会、国際の変化動向のことです。外部要因の分析には、PEST分析や五つの力の分析がよく使われています。
+機会:これは、会社が活用できるプラスの外部環境、要因のことです。社会、国際情勢、業界分野、経済スタイルなどの任意の変化動向も有益な機会になる可能性があります。
例:海外の新しい市場の開拓、新製品、新市場、新しい要件、外国市場への障壁の除去などなど。
-脅威:これらは、プロジェクトの開発を妨げる可能性のある問題、障害物または外部ブレーキをまとめた外部的なマイナスの要因です。環境脅威は、不利な傾向から生じる環境問題の一種に関連しています。適切な戦略的行動をとらなければ、これらのマイナスの傾向は会社の競争力の弱さにつながります。
例:為替レートの変化、新しい競争相手、代替製品の増加、タイトな市場、業界政策の変化、景気後退、顧客の好みの変化などなど。
 
SWOT分析のやり方
  1. 現在の戦略は何ですか?
  2. 外部環境の変更を抽出します。(PEST分析や五つの力分析方法)
  3. 自社のを整理するときに、自分の主要な強みと鍵となる制限要素をはっきりと区別します。(バリューチェーン分析
  4. すべての強みを2つのグループに分け、一つは潜在的な機会に、もう一つは潜在的な脅威につながります。同じように、すべての弱みも、機会と脅威にそれぞれ関連付けるように2つのグループに分けます。
  5. クロスSWOT分析マトリックスで結果を見つける。
以下が示すのは、SWOT分析の関連要因にご参照になる可能な点です。
 

f:id:edrawfancy:20170808110749p:plain

 
クロスSWOT分析を始める
前述したSWOT分析は内部要素の強み、弱みと外部要素の機会、脅威をマトリックスでまとめています。次は、クロスSWOT分析手法を活かして、本格的な分析を行って、目標を達成するための正確な戦略計画を立てます。

f:id:edrawfancy:20170808110808p:plain

1. SO(強み&機会)-強みと機会の交差点は最優先で、最も注目すべきところです。自身の強みを活用して、機会をしっかりつかむための戦略について考慮します。
2. ST(強み&脅威)-どうやって強みを介して外部環境からの脅威に対抗しますか?強みを活用して脅威を機会に変更する可能性はありますか?このようなことを検討する必要があります。
3. WO (弱みと機会)-弱みがある場合は、機会をつかむために弱みを改善しなければならないのです。しかし弱みの克服は短い期間でできないこともあるから、弱みの重要性、関連性に応じて、段階的な対策で解決することが良いです。
4. WT (弱みと脅威)-弱みと脅威の両方からのストレスがある場合は、防衛のはおすすです。最悪の状況を避けるためには何をする必要があるのか、としっかり考えてください。
 
使いやすいSWOT分析ツール - Edraw
EdrawはSWOT分析を実行し、素敵なSWOTマトリックスを作成するための使いやすいツールです。既製でベクターSWOTマトリックス素材が組み込まれて、豊富なSWOT分析テンプレートと事例も無料で使えます。Edrawを介して、SWOT分析はすごく簡単になります。

f:id:edrawfancy:20170808110839p:plain

Edraw SWOT分析ツールをダウンロードして、組み込みのSWOT素材とテンプレートを使って、SWOT分析を効率的に実行しましょう。
 
SWOT分析テンプレートと活用事例
SWOT分析のご参考のため、以下はシンプルなSWOT分析テンプレートSWOT分析の事例をご用意します。これを参考に効果的なSWOT分析を進めて下さい。
SWOT分析テンプレート

f:id:edrawfancy:20170808110916p:plain

ディズニーSWOT分析

f:id:edrawfancy:20170808110926p:plain