fancyのブログ

EdrawSoft日本向けの広報担当者です。Edraw Max紹介や作図ソフトのおすすめとか、ダイアグラム作成方法とか、仕事の効率を向上させるいいコツなど発表していきたいと思います。創造力を活かし、より視覚的に

家系図を自分で簡単に作る!

家系とは?家系図に記載する情報

家系とは自分のルーツのことになります。
今までの自分の家系をたどっていき、どのような人物がいたのかを表にして先祖の家柄

や生い立ちなどを探っていくときに利用できる図です。
家系図で最低限必要な事項としては、自分の名前・父親の名前・母親の名前・続柄の4つが最低限必要な情報です。自分を中心として入力をしていき、これらの先祖をたどっていき書き込むことで家系図が完成します。
家系図のソフトを使うと、この4つの項目を入力していくだけで、誰がどのようにつながっていくのかが一目でわかる図を作成できます。

家系図をパソコンで作る方法

① 戸籍をたどって家系図を作る方法

家系図を作るときに家系をたどる方法として戸籍からたどることができます。役所に行き戸籍を取得すれば、そこから先祖のまで探し出すことができます。全ての戸籍を取り揃えたら、戸籍を元に家系図を作成することができます。
あとはソフトを使って名前と性別を入力していけば、きれいな家系図の票を作成してくれます。この場合、先祖を探していっても途中で途切れてしまってあきらめてしまう可能性が非常に高くなります。労力の割にはあまり報われない作業かもしれません。

② 文献調査で家系図を作る方法

戸籍以上に先祖のことを調べたい場合に、一番手軽なのが文献調査です。専門業者はある程度、書籍・文献を所蔵していることが多いですが、ルーツ探しに関する文献は高額の書物が多いため、一般の方が書籍を購入することは現実的とは言えません。費用対効果を考えるとよほどのことがない限り辞めておいた方が無難です。さらに、販売されていなかったり、貸出されていない文献も多くあります。

③ 現地調査で家系図を作る方法

家系図を作るために現地を調査していき作るというやり方もあります。この場合は、足を使って現地で人に聞いてから家系図を作り上げていきます。
まずは自分にとって一番思い入れのある家系(名字)のルーツの場所にまず出向いて調べるべきです。調べ方には3つあり、
1つ目は現地のものを調べることです。
2つ目は、現地の資料館等で「文献」を調べます。
3つ目は、現地の「人」に聞き込み調査します。

④ 調べた物をパソコンの家系図作成ソフトに入力

ここまで自分のルーツを探るために家系図作成ソフトを使って、調べた情報を入力してからソフトで家系図を作成できます。
家系図作成ソフトを購入後最低限の情報を持ち込んで、家系図を作っていきます。家系図の入力情報を全て調べてきた場合は、疎のまま放置しないで、きれいに動画を編集してもらえます。



ここまで家系というものは何なのかと、家系図を作るときの探し方を3つ紹介してきました。自分のルーツを探すという面でも興味が持てることなので、探せるところまで探して、家系図を作成してみるのもいいのではないでしょうか。
家系図を作成するときは、地道な手作業をしていると時間が掛かる上に間違った家系図を作成する可能性があります。その時はできる限りの先祖までたどり着ければ家系図としてはある程度のものを作成できるわけです。
家系の探し方を参考にして行動に移すことが大切です。行動しなければ、ルーツを探すことすらできない上に家系図は何も作成できません。自分のルーツを探すという面でも家系図を作成して自分がどういう家系でつながっているのかを知るだけで、存在意義を見出せるかもしれません。
何よりも、地道な情報収集作業を行って最先端ソフトをつかって家系図を作ってみましょう

Windows バージョンをダウンロード Mac バージョン Linux バージョン

マインドマップフリーソフト-MindMaster V7.0登場~

お待たせー

マインドマップフリーソフト - MindMaster V7.0が発表!!!

で、何かの新しいことがありますか。

さっさと見ましょう。

より簡潔なUIデザイン

旧バージョンと比べると、MindMaster V7.0の最大な変化はそのUIデザインとなります。V7.0のUIデザインの特徴は簡潔ということです。機能ボタンのアイコンは簡略化され、UI全体もシンプル化されました。それにより、ユーザーの作業スペースは拡大されるようになります。

f:id:edrawfancy:20190625203329p:plain

MindMaster UIデザイン

よりおしゃれなテーマスタイル

新バージョンにおいて、テーマは3つ追加、33つの内蔵テーマになります。追加されたのは最初の3つであるから、フリーテーマは6つになります。33つのテーマスタイルとも、配色、線のスタイル、図形形状などいろいろな詳細点から変わってきます。応用してみると、そのうちの小さな変化が感じられます。

f:id:edrawfancy:20190625204451p:plain

テーマスタイル

テーマをカスタマイズ可能

テーマのカスタム機能はMindMaster V7.0でもっとも優れた機能だといえます。旧バージョンでは、内蔵のテーマをワンクリックで応用できますが、ユーザーが自分でデザインしたテーマを保存、再利用するのはできません。MindMaster V7.0では、できます!できたマインドマップを開き、「テーマカスタム」機能を介して、当マインドマップのテーマスタイルを抽出して、ユーザー自分のテーマとして保存することは可能になります。カスタマイズされたテーマの再編集、削除なども対応します。

f:id:edrawfancy:20190625204539p:plain

テーマカスタム

3つの新しいレイアウト種類

基本マインドマップレイアウト、魚の骨図、タイムラインのほかに、レイアウトスタイルには、もっと3つのオプションがご提供されています。サークル図、バブル図、セクター放射図という3つのダイアグラム種類です。概念表示、物事の関連性、物事範囲の比較など、様々な使い方があります。新着の3つレイアウトは特に教育分野に活用することができます。

f:id:edrawfancy:20190625204351p:plain

3つの新しいレイアウト

クリップアートを完全更新

V7.0のクリップアートはすべてデザインし直しました。ラインスタイル上はよりやわらかくなり、配色も一致されるようになります。種類上も教育、ビジネス、科技、生活など様々あります。今後のバージョンにも内蔵のクリップアート数量と種類をより豊かにさせます。

f:id:edrawfancy:20190625204623p:plain

クリップアート

より便利且つ安定なクラウドサービス

このバージョンから、MindMasterのクラウドサービスはAWSプラットフォームに変わります。以前のクラウド保存より、ユーザーにとっては便利且つ安定になります。AWSのほかに、Dropboxクラウド保存もご利用いただけます。MindMasterソフトをDropboxと関連させて、MindMasterのファイルをDropboxに保存でき、MindMasterでもDropboxクラウドにおけるemmxファイルを直接開くことができるようになります。

そのほかの改善ポイント

1. 注釈の使い方を改善しました。テキストをペーストする時に、テキストフォーマットをクリアまたは保存するオプション設定が追加されます。注釈へ画像の挿入もコピペにより行えるようになります。

2. ドラッグ&ドロップだけでフローティングトピックを揃えることができます。

3. トピックのタグは右クリックで、追加、変更、削除、管理することもできます。

......

さあ、お試してみましょう。

ダウンロードはこちら→https://www.edrawsoft.com/jp/download-mindmaster.php

マインドマップフリーソフト-MindMaster V6.5登場~

お待たせー

マインドマップフリーソフト-MindMaster V6.5が発表されました。

で、何かの新しいことがありますか。

さっさと見ましょう。

マインドマップコミュニティ

MindMaster V6.5で、マインドマップコミュニティが登場しました。共有と取得を目指しとして、マインドマップコミュニティはユーザーが自分のマインドマップを共有し、自分の問題を解決できる他人のマインドマップを取得するためのプラットフォームです。MindMasterにより、マインドマップを作り、出来上がりをコミュニティに投稿したり、テンプレートが必要とする場合に、コミュニティでキーワードで検索し、お気に入りのマインドマップテンプレートを使用したりすることができます。

f:id:edrawfancy:20181029164028p:plain

ブレーンストーミングモード

マインドマップの応用といえば、言及しなければならないのはブレーンストーミングということです。この新バージョンに、マインドマップブレーンストーミングを楽とやるためのブレーンストーミングモードがご利用いただけます。思いに浸かるきれいなフルースクリーンで、マインドマップをめぐって発想したり、学校、会社などの現場プレゼンをやったり2つの使い方をご提供します。そのうち、アイデア掲示板、カラー鉛筆などのマークツール、タイマーなどの便利なツールを介して、より多くのおしゃれなアイデアを発想し、マインドマッププレゼンテーションをやることができます。

f:id:edrawfancy:20181029163955p:plain

もっと便利なツールと機能

マインドマップをより気楽に描くために、MindMaster V6.5は以下のもっと便利なツールと機能を改善、追加しております。

フルースクリーンモードで編集可能

フルースクリーンモードでマインドマップをプレゼンするときに、そのテキストを変更する必要があれば、今後も楽と行えます。フルースクリーンモードでマインドマップを直接編集することは可能になります。

f:id:edrawfancy:20181029163841p:plain

Excelへのエクスポート機能改善

旧バージョンにおいて、ExcelへのエクスポートはWord、PPTと同じように表示していたのですが、今後はExcelなりの行と列でマインドマップの内容とデータを表示することができます。

f:id:edrawfancy:20181029163824p:plain

トピックの余白をカスタマイズ可能

トピック内のテキストがお気に入りの位置で表示しないことについて文句を言わないください。新バージョンはトピックの余白のカスタマイズ機能をご提供しております。

f:id:edrawfancy:20181029163808p:plain

囲みと要約の枠をドラッグすることで、内容範囲を調整可能

旧バージョンで、囲みや要約を追加すると、全体を削除しない限り、テキスト範囲などは調整できないのですが、今はその枠をドラッグするだけで、選択範囲を調整することができるようになります。

f:id:edrawfancy:20181029163723p:plain

テキストや図形の最近使った色を記録可能

テキストや図形に応用する色もカラーバーに記録しており、再度直接使用することができます。

f:id:edrawfancy:20181029163707p:plain

そのほか、印刷する時に、複数のドキュメントを一回で印刷したり、印刷ページの余白をカスタマイズしたりする機能も利用できるようになります;ダブルクリックでフローティングトピックを追加するもの可能です;また、同じタイプのトピックを一回で選びあてることもできます。

不具合のところの改善も

ガントチャートへエクスポートするときの不具合のところも修正いたしました。

......

さあ、お試してみましょう。

無料体験

EdrawMax V9.3が登場~

先日、EdrawMax V9.3が発表されました。

で、何かの新しいことがありますか。

さっさと見てみましょう。

V9.3と前のバージョンと比べると、最大な違いはそのソフトウェアインターフェースの配色のこととなります。

新たでおしゃれなUIデザインで、作図の旅を楽しんでください。

真新しい配色のUIデザイン

V9.3のUIデザインの配色はオレンジ系の色に変更されました。

爽やかでおしゃれなUIデザインの下で、作図ということもより気軽なことになるのではないでしょうか。

f:id:edrawfancy:20181029152207p:plain

EdrawMax V9.3

f:id:edrawfancy:20181029152307p:plain

もっとイラスト素材を追加

Edraw Maxに内蔵の図形ライブラリはずっと更新し続けています。今回のバージョンで、追加のイラスト素材は主に、教育、人物、祝日にかかわるものです。

教育

f:id:edrawfancy:20181029152448p:plain

f:id:edrawfancy:20181029152546p:plain

f:id:edrawfancy:20181029152756p:plain

f:id:edrawfancy:20181029160253p:plain

人物

f:id:edrawfancy:20181029160347p:plain

f:id:edrawfancy:20181029160403p:plain

祝日

f:id:edrawfancy:20181029160309p:plain

f:id:edrawfancy:20181029160317p:plain

不具合のところの改善も

お客様の声をもとに、ソフトウェアの操作や機能などについて不具合のとことも改善いたしました。以下は今回の改善ポイントです。

Word、PPT、Excel、PDFlへのエクスポート機能;

インターネット印刷でのクラッシュ;

......

さあ、お試してみましょう。

GCPアイコン素材とその使い方

GCP ビッグデータGCP コンピューティング、GCP IDとセキュリティ、GCP モノのインターネットなどを含んで、Googleクラウドプラットフォームアーキテクチャ構築に役立つGCP アイコンをご用意しています。すべてのアイコン素材はベクターベースで、編集可能で、SVGPNG、PSなどの形式でエクスポートして使えます。
Edraw GCP 構成図ツールは、GCP ビッグデータGCP コンピューティング、GCP デベロッパーツール、GCP IDとセキュリティ、GCP モノのインターネット、GCP ネットワーキング、GCP ストレージとデータベースなどバラエティ豊かなGCP アイコンセットを提供します。これらのベクターのアイコン素材は、プロ並みで見栄え良いGCPアーキテクチャ構築のドキュメントを作成するのにかなり役立ちます。GCP ネットワーク図を設計し始める前に、まずはこれらのGCP アイコンをご了解しましょう。

GCPアイコン一覧表

f:id:edrawfancy:20180522111726p:plain

f:id:edrawfancy:20180522111842p:plain

Edraw GCP 構成図ツールを無料ダウンロードして、すべてのGCPアイコンを入手しましょう。

GCP アイコン素材の使い方

Edraw Maxに組み込まれているGCP アイコン素材はすべてベクターでデザインされておるから、アイコンのスタイルが統一されたけど、ユーザーはそれにサイズ、色などをお好みのようにカスタマイズすることも可能です。以下はこれらのGCP アイコン素材の使い方について詳しく解説します。
ドラッグ&ドロップで使える
Edraw GCP 構成図ツールに組み込まれているアイコンはすべて、ドラッグアンドドロップの簡単な操作で使用できます。ライブラリから必要のアイコンを選び当てて、作図ページにドラッグしてGCP 構成図の作成を始めます。図形上の緑のハンドルを介して、図形を任意の角度に回転したり、サイズを調節したりすることができます。

f:id:edrawfancy:20180522111912p:plain

ワンクリックでSVGなどにエクスポートできる
Edrawに組み込まれたGCP アイコン素材は、前述のようにカスタマイズすることができるだけでなく、SVGPNG、PSなどの形式にエクスポートして使用するも可能です。他の使いがあれば、必要のアイコン図形をSVGPNGなどのファイル形式として保存し、自由に使うことは可能になります。

f:id:edrawfancy:20180522111928p:plain

新たなアイコンを自らで描く
GCPネットワーク図を書くときに必要とされるけど、プログラムに内蔵のアイコンライブラリには見つけない場合はどうすればの良いでしょうyか。ご心配ないで。Edrawにはユーザー自らで新たなアイコンやイラストを設計するための一連のツールも搭載されています。これらの便利なツールで、ご希望のアイコンも自分で描くことも可能です。

f:id:edrawfancy:20180522112043p:plain