edrawfancyのブログ

EdrawSoft日本向けの広報担当者です。Edraw Max紹介や作図ソフトのおすすめとか、ダイアグラム作成方法とか、仕事の効率を向上させるいいコツなど発表していきたいと思います。創造力を活かし、より視覚的に

一番人気な特性要因図作成ソフト

    f:id:edrawfancy:20170323111732p:plain

MacWindows および Linuxシステムでプロ並みな特性要因図を手軽に作成できます。特性要因図を使用して、所定の状態に影響を与える要因を収束し,問題の原因をきちんと整理することが可能になります。

f:id:edrawfancy:20161213113058p:plain

 
最適な特性要因図 作成ソフト
Mac またはWindows ユーザーでも、この使いやすい特性要因図 作成ソフトを使用して、手軽に特性要因図を作成できます。製図プロセスをもっと高速にするために、数多くの特性要因図記号とテンプレートが提供されます。Microsoft Visioの最適なかわりとなり、十分価値がある特性要因図 の作成ソフトだと認証されます。

f:id:edrawfancy:20170323111855p:plain

 
完備な特性要因図記号
特性要因図はあまり多い記号を使用する必要はありません。ただし、カスタム内容に対応するために、時々スマートで調整可能なシンボルが必要です。 Edraw に用意された特性要因図記号は非常に柔軟になります。すべての背骨と枝のシンボルは、きちんとした図面レイアウトを実現するための等間隔の接続ポイントが装備されています。更に、背骨に付着したもう一方の端を維持しながら、「原因」を代表する記号を、任意の方向に移動させることができます。

f:id:edrawfancy:20170323111905p:plain

 
簡単な特性要因図作成方法
Edraw はドラッグ&ドロップ機能に基づいて特性要因図を作成します。ちなみに、自分で描画することは必要ではないです。特性要因図の作成をすぐに始めるためのすべての記号、及び既製のテンプレートが用意されます。背骨と枝を接続するときに、スナップと貼り付け操作が許可されています。作図が完了したら、左上隅にあるバタンをクリックして、希望する形式で図面をエクスポートすることができます。

f:id:edrawfancy:20170323111912p:plain

 
豊富な特性要因図事例
創作のインスピレーションが出てくれない場合は、Edraw で色々な特性要因図事例を取得して参照してはいかがでしょうか。二つの方法で特性要因図事例を入手することができます。直接にプログラムの特性要因図カテゴリで参照し、または弊社の公式サイトでダウンロードします。すべての例は、実際のケースに基づいて、十分に作成されます。また、時間の節約には、直接に事例を適用することもできます。

f:id:edrawfancy:20170323111919p:plain