edrawfancyのブログ

EdrawSoft日本向けの広報担当者です。Edraw Max紹介や作図ソフトのおすすめとか、ダイアグラム作成方法とか、仕事の効率を向上させるいいコツなど発表していきたいと思います。創造力を活かし、より視覚的に

フローチャートの良い点って何?

複雑なプロセスの流れ、手順を解析、設計、文書化、管理するのにぴったりするツールはフローチャートだと考えられます。で、なぜフローチャートが作業プロセスの可視化によく使われるのでしょうか。ここで、フローチャートの良い点を考えて、まとめてさせていただきます。

フローチャートの良い点とは何でしょうか?

1. 視覚的な明確性
フローチャートのメリットと考えると、まず頭に浮かぶのは可視化だといえます。複数の進行状況とそのシーケンスを1つのドキュメントに視覚化する、それがフローチャートの役割です。作業進捗状況の追跡、プロセス中の問題の改善などを見極めながら、プロセス流れを容易に理解できます。
2. インスタントのコミュニケーション
フローチャートを使用すると、会議の必要がないこともあります。進行状況と複数の関係者の責任範囲をフローチャートで明確にすることで、チームメンバーがそれぞれに段階的に何をすべきかを即座に理解するのを促進する簡単で視覚的な方法が提供されます。これにより、全体作業をうまく進めていくことができます。
3. タイムリーな調整と修正
フローチャートにより、作業プロセスを追跡することができます。流れに問題があると、それをすぐ発見するのが容易になリます。さらに、作業関連者の担当箇所の明確化で、問題の原因を追求、修正することも効率的にできます。
4. 効果的な分析
フローチャートを介して、より効果的な方法で問題を分析することができます。フローチャートには、様々な図形でプロセスの各ステップに必要なアクションが示されます。一般に、丸みを帯びた矩形はプロセスの開始または終了を定義し、菱形は決定のポイントを示し、四角形のブロックはプロセス中に実行されたアクションを示します。それぞれの図形で表示された意味が一見してわかり、流れやデータの分析が容易になります。
5. 問題解決の推進
問題解決において、フローチャートを作成する意味は、複雑な問題を解決する方法を視覚的に示すことです。フローチャートにより、問題を解決するために必要なステップがはっきりに見えます。このようにして、コストと時間の無駄を減らすことができます。
6. 効率の向上
要するに、効率を向上させることは、フローチャートがずっと活用されている根本原因だと考えられます。プロセスを明確にし、インスタントのコミュニケーションを促進し、問題をタイムリーに発見、解決し、効果的にデータを分析し、それすべてが作業の生産性向上につながります。

フローチャート実例

以上のフローチャートのメリットを活かせれば、仕事において作業プロセスの生産性が高まります。Edraw フローチャート作成ソフトで、様々なフローチャートのテンプレート活用実例が無料利用できます。さあ、お気に入りのを選んで、すばらしいフローチャートを作成し始めましょう。

 f:id:edrawfancy:20170511104506p:plain

f:id:edrawfancy:20170511104529p:plain

f:id:edrawfancy:20170511104534p:plain

     f:id:edrawfancy:20170511104538p:plain