fancyのブログ

EdrawSoft日本向けの広報担当者です。Edraw Max紹介や作図ソフトのおすすめとか、ダイアグラム作成方法とか、仕事の効率を向上させるいいコツなど発表していきたいと思います。創造力を活かし、より視覚的に

情報を視覚的に!インフォグラフィックの作り方

情報伝達に効果の良いツールであるインフォグラフィックを作ってみたいのでしょうか?この記事では、おしゃれなインフォグラフィックを作成するため、制作前の情報準備、レイアウトデザイン、ビジュアル化のステップなどを含み、インフォグラフィックの作り方を詳しくお伝えします。

インフォグラフィックの作り方

インフォグラフィックは複雑なデータを可視化のグラフィックやイラストで表示するもので、情報伝達に効果の良いツールとして注目されています。「情報」と「グラフィック」の組合せだけど、おしゃれで魅力的なインフォグラフィックをデザインするのは簡単なことではありません。色の使い、グラフィックの活用、レイアウト、見出しなどインフォグラフィックデザインにおさえておくべきのポイントもたくさんあります。今回は、制作前の情報準備からレイアウトデザイン、ビジュアル化まで、インフォグラフィックの作り方をわかりやすく解説します。
  1. テーマを決める
まずは、何についてのものを作るのか、インフォグラフィックのテーマを決めることです。まとめ一覧、専門解説、比較、レポートなどインフォグラフィックの題材がいろいろあります。自分が作りたいインフォグラフィックの焦点とは何、目指すのは何、ターゲットオーディエンスは誰に設定するなど、制作を始める前にいろいろなことも明確化にしなければならないです。
  1. リサーチでデータと情報を収集する
テーマが決めた後に、情報の集めに着手します。インフォグラフィックとは、「情報」を「グラフィック」で示すものですから、情報というものはきわめて重要です。例えば、「新婚旅行の行き先ならどこを選ぶ」ということをめぐったインフォグラフィックをデザインするには、新婚夫婦への調査データ、旅行社の情報、観光地の特徴などのデータと情報を収集する必要があります。

f:id:edrawfancy:20180119114600p:plain

リサーチを行うときに、情報の信頼を確認する必要があります。具体的な方法は、「インフォグラフィックデータ収集ためのリサーチを行う方法」でご覧ください。
  1. 集めたデータを分析する
ステップ2で集めたデータと情報はたくさんありますが、すべての情報をインフォグラフィックにはめ込むというわけではない。集めた情報をグループして、中心テーマにかかわり、さらに役立つ情報のポイントを抽出する必要があります。膨大かつ複雑データなら、データ分析を行って簡潔にまとめると良いです。また、データの整理中に、必要なしのデータもためらわずに捨ててください。
  1. レイアウトをデザインする
以上のステップで、インフォグラフィックデザイン前の準備は一応にできました。次は、インフォグラフィックレイアウトのデザインに入ります。インフォグラフィックレイアウトのデザインとは、ンフォグラフィック図面のヘッド・ボディー・フッタースタイルの構成、特にボディーにおける情報やグラフィックの配置と意味します。つまり、ステップ3で抽出してきた情報をインフォグラフィックでどのように分布しますか。このステップで注意すべきのは、レイアウトを自然の視線フローできれいに、見やすくデザインすることです。

f:id:edrawfancy:20180119114630p:plain

インフォグラフィックレイアウトのデザインの詳しくは、「10分間でインフォグラフィックレイアウトをきれいに」でご覧ください。さらに、ご参考のため、「10件の人気のインフォグラフィックレイアウトテンプレート」もご用意しています。
  1. ビジュアル化にする
以上の準備の上に、紙でインフォグラフィックのレイアウトをデザインしてから、続いては本場のインフォグラフィックデザインを始めます。データを可視化に表現し、グラフィックも付け足し、インフォグラフィックをビジュアル化にします。

Edrawでインフォグラフィックをビジュアル化する

ここでは、インフォグラフィック作成ツールEdraw Infographicを使って、インフォグラフィックのビジュアルデザインを説明します。

1. インフォグラフィックツールを起動する

まずは、プログラムを立ち上げ、ファイルタブにおける「新規作成」をポイントします。インフォグラフィックをダブルクリックして、空白のキャンバス及びインフォグラフィックの作成に必要な図形を含むライブラリを開きます。または、ソフトに内蔵のインフォグラフィックテンプレートにお気に入りのが見つければ、テンプレートからインフォグラフィックデザインを始めることもできます。

f:id:edrawfancy:20180119114724p:plain

Edrawインフォグラフィック作成ソフトをダウンロードして、おしゃれなインフォグラフィックレイアウトをデザインしてみましょうか。

2. インフォグラフィックレイアウトを設定する

上記インフォグラフィックを作るためのプロセスにおけるステップ4に、インフォグラフィックのレイアウトデザインは一応に完了したのに、それをソフトウェアの作図ページにうつす必要があります。
まずは、ページのサイズを設定します。作図ページを開くと、既定のページサイズはA4で、変更の必要があれば、「ページレイアウト」における「サイズ」のドロップダウンボックスからご希望のを選択します。ページの方向も横や縦で設定できます。

f:id:edrawfancy:20180119115154p:plain

ページサイズが決めてから、レイアウトの下書きにより、ページを複数のセクションに分割します。見出しはどこに、どの情報はどこに、何のグラフィックをどこに配置したり、インフォグラフィックのレイアウトを明確にします。これはガイドラインを使って行えます。
水平ルーラーからドラッグして水平ガイドを作成します。垂直ルーラーからドラッグして垂直ガイドを作成します。
ガイドラインをクリックすると、緑に変わります。ポインターガイドラインの上に置き、ドラッグして移動します。
  • ご注意:「表示」タブで、ルーラー、ガイド、グリッド線の表示を設定することができます。

f:id:edrawfancy:20180119115233p:plain

3. 情報とグラフィックを付け足す

次は、レイアウトのように、それぞれの情報やグラフィックをインフォグラフィックに付け足します。Edraw Infographicには、インフォグラフィックデザインための要素はたくさん組み込まれています。見出し、テキストボックス、クリップアート、アイコン、チャートとグラフ、世界地図などいろいろな図形を無料で利用できます。
見出しをデザインする
人の読み習慣により、最初に目に来るインフォグラフィックのトップにある見出しとは、インフォグラフィックを目立たせる上にきわめて重要なポイントです。そのため、インフォグラフィックの見出しに工夫を施す必要があります。下記のように、インフォグラフィックツールには様々なスタイルの見出し様式を含むテキストボックスがあります。お気に入りのをドラッグして、作図ページドロップして、サイズ、色などをカスタマイズして、見出しテキストを入力して、おしゃれで一目で忘れられない見出しを楽と作り出します。

f:id:edrawfancy:20180119115259p:plain

グラフィックを付け足す
インフォグラフィックに一番重要なのは「グラフィック」だといえます。このグラフィックは、写真、画像、イラスト、クリップアート、アイコンなどを含みます。見出しのテキストボックスのように、グラフィックもドラッグ&ドロップするだけで利用できます。

f:id:edrawfancy:20180119115424p:plain

内蔵のイラストのほかに、自分の写真や画像をインフォグラフィックに付け足す必要がある場合に、画像の挿入、編集なども簡単にできます。

f:id:edrawfancy:20180119115455p:plain

チャートとグラフでデータを表現する
データを可視化にするツールとして、グラフとチャートは、インフォグラフィック情報を表現するために愛用されています。「基本的なチャート」ライブラリに、棒グラフ、円グラフ、様々なアイコングラフなどが用意され、ご要望のチャートやグラフタイプを選んで、データを入力して、見栄えの良いチャートに仕上げます。

f:id:edrawfancy:20180119115519p:plain

その他の要素
以上の要素のほかに、地図、タイムライン、フローチャート、リストなどもデータや情報を表現するためにインフォグラフィックデザインに良く使われるモノです。すべての要素がライブラリに無料で入手できます。地図やタイムラインなど、これらの要素を活かして、おしゃれで目立つインフォグラフィックデザインを作り出せます。

f:id:edrawfancy:20180119115551p:plain

f:id:edrawfancy:20180119115602p:plain

4. インフォグラフィックをエクスポート、共有する

インフォグラフィックのデザインが終わったら、出来上がりをJPG、PDF、オフィスファイルなど様々な形式にエクスポートして保存できます。SNSで楽と共有することができます。

f:id:edrawfancy:20180119115617p:plain

Edraw Infographicは、クラウド保存と共同作業もサポートします。チラシを個人やチームクラウドに保存すると、自分がどこでもいつでもアクセスでき、チームクラウドに保存すれば、チームメンバーもそれを見えて、情報を取ることができます。

f:id:edrawfancy:20180119115626p:plain

ファイルタブをクリックして、印刷を選んでから、チラシのプレビューが自動的に表れてきます。プレビューの下にあるページの矢印で、すべてのページをチェックできます。ダイアグラムのページが印刷紙より大きい場合は、ダイアグラムが1枚以上で印刷されてくるようになります。1枚だけでいいなら、「そのほかの印刷設定... 」をクリックして、自動調整を選択します。

f:id:edrawfancy:20180119115637p:plain

おわりに

この記事は、準備からデザイン、印刷まで、インフォグラフィックの作り方を徹底に解説してきました。インフォグラフィックデザインのポイントをおさえておく上に、以上のステップを踏んで、いきなりプロ並みのインフォグラフィックデザイナーになるわけがないけど、インフォグラフィックを介して自分が伝えたいことを可視化に表現できるようになるでしょう。

楽と思考整理しよう!マインドマップ思考法について

頭が混乱して考えがきちんと抽出できない、という思考整理上の「失敗」に陥ることがあるのでしょうか。こういう時は、マインドマップ思考法がおススメです。この記事では、マインドマップ思考法のメリット、やり方、さらに思考整理ためのマインドマッピングツールをご紹介します。

マインドマップによる思考整理

マインドマップとは、トニー・ブザン(Tony Buzan)が提唱した思考・発想法の一つで、「頭の中で起こっていることを目に見えるようにした思考ツールのこと。」でウィキペディアで定義されています。思考法や発想法として提唱されたのだから、マインドマップが頭の考えをきちんと整理するのに格段に効果があることははっきりとして疑いの余地はありません。

f:id:edrawfancy:20180116112627p:plain

マインドマップとは、中心に文字や画像があり、それから複数の枝分かれが放射状に発散して、各枝分かれにそれぞれのキーワードや画像がある、というようなものです。考えるとき、頭でアイデアがばらばらして、最後の明確的な結論につながらないことに対して、マインドマップで、アイデアを一つ一つ洗い出して、ブランチで見やすく表現でき、さらにより深い発想が出すこともあります。マインドマップで思考整理を進むメリットや良い点を具体的に言えば、以下のようなことがあります。
  1. イデアをツリー構造できれいに整理できる。
  2. 自分の考えを見やすく伝えられる。
  3. より深い発想を促す。
  4. 全体俯瞰でき、抜き漏れが見つけやすい。

マインドマップで思考整理のやり方

では、どうやってマインドマップで思考整理をするのでしょうか。以下は、マイン+ドマップで思考整理のやり方及びその注意点についてお伝えします。

1. ページの真ん中にテーマを決める

まずは、思考整理のテーマを決めて、マインドマップページの真ん中に書き出します。(この記事では、「仕事効率をアップするにはどうすればの良いでしょうか」についての考えを整理することを例とします。)
f:id:edrawfancy:20180116113508p:plain

2. 中心テーマからアイデアを広げる

仕事の効率をアップすることを考えてみると、私の頭に、仕事の計画立て、仕事のやり方、自分の状態などの影響要素が浮かんでいきます。これらの影響要素をグループして、中心テーマからマインドマップのブランチで書き出します。さらに、それぞれのアイデアや発想を広げます。
このステップで、いくつか気をつけるべきのポイントがあります。「仕事効率アップ」のアイデアマインドマップの枝分かれで整理するときに、時計回りに書くのはおススメです。さらに、マインドマップの基本ルールとして、アイデアを単語で書くのは良いです。簡潔なキーワードを使うことで、整理してきた「考え」も見た目がきれいで、わかりやすくなります。

f:id:edrawfancy:20180116113450p:plain

3. より深く発想をする

上記で述べたとおり、マインドマップ思考法のメリットの1つとは「全体俯瞰でき、抜き漏れが見つけやすい」です。そのため、マインドマップで思考整理をするときに、アイデアを抽出して、きれいに整理した後、全体を俯瞰して、アイデアに抜き漏れがあるかどうか、チェックしやすいです。マインドマップの放射状の構造は、より深い発想を進行することにも役立ちます。

思考整理ためのマインドマッピングツール

上記マインドマップ思考法のやり方で使われるのは、マインドマップフリーソフトウェアMindMasterです。MindMasterはマインドマップを簡単に作成、印刷、エクスポートするための使いやすいツールです。マインドマップを数回のクリックで生成でき、豊富なイラストやクリップアートを無料で利用でき、おしゃれなテーマ及びユニークな手描きスタイルを応用して、MindMasterを使って、マインドマップによる思考整理を格段に楽と進行できます。

f:id:edrawfancy:20180116113411p:plain

MindMasterソフトウェアをダウンロードして、マインドマップで思考整理をやってみましょう

まとめ

この記事では、マインドマップ思考法についてご紹介します。マインドマップで思考整理をすることは、考えをきれいに整理できたり、深い発想を促したり、多くのメリットがあります。マインドマッピングツールを介して、思考の整理が苦手な人にも楽しい思考整理を体験できます。さあ、仕事や生活中に、マインドマップ思考法を使ってみましょうか。

タスク管理はうまくいかない?マインドマップをお試してみよう

タスク管理は、日常のイベント準備、ビジネスのプロジェクト管理、チーム活動の開催などのシーンに必要とされることです。マインドマップはタスク管理を行うときに愛用されるツールです。ここでは、マインドマップでタスク管理をうまく進む方法についてお伝えします。

マインドマップによるタスク管理

イベント準備にも、プロジェクト管理にも、タスク管理とは、タスクを分割したり、関連付けたり、進捗を管理したりすることと指します。タスク管理を進むときに、タスクをうまく分割できないこと、タスク間の関連性を分かりづらくすること、タスクの進行状況を明確に把握できないことなどいろいろな問題が発生し、結局タスク管理の失敗に陥ってしまうこともあります。
f:id:edrawfancy:20180111120915p:plain
しかし、マインドマップを使えば、これらの「失敗」を防いで、タスク管理を効率よくこなすことができます。マインドマップの放射状の形でタスクをブランチで見やすく分割して、細かいタスクにそれぞれの担当者、時間、資料などの情報を追加して、関連線でタスク間の関係をはっきりと表示して、マークを通じて、タスクの緊急程度、進行状況などを表して、マインドマップにより、タスク管理は一目瞭然で、円滑に行うことができます。

MindMasterでタスク管理を進む

マインドマップフリーソフトMindMasterマインドマップに進行状況、担当者などのタスク情報を追加したり、チームクラウドでコラボレーションを行ったりすることがサポートします。マインドマップによるタスク管理の進みに効果の良いマインドマッピングツールです。

f:id:edrawfancy:20180111120454p:plain

MindMasterソフトウェアをダウンロードして、マインドマップでタスク管理をやってみましょう
以下は、MindMasterを使って、マインドマップでタスク管理を進む方法を解説します。

1. マインドマップでタスクを分割する

MindMasterを起動して、新規作成におけるテンプレートの1つを選んで、ダブルクリックして、作図ページに入ります。ページ中心における「中心トピック」にタスク名を入力します。「Enter」キーで、中心トピックのタスクからブランチを伸ばして、作業の業務フローに応じて大体のタスクに分割します。

f:id:edrawfancy:20180111121044p:plain

2. タスクを細かく抽出する

さらに、各タスクを細かく分割して、できるだけ1つの全体の作業まで抽出します。

f:id:edrawfancy:20180111120853p:plain

3. タスク情報を追加する

次は、各詳細なタスクにそれぞれの情報を追加します。誰がそのことをするか、必要なものは何か、注意点はあるか、などなどいろいろな関連情報を付け足し、タスク管理を明確化にします。
  • 担当者情報を追加
タスクを選び当てて、タグをクリックして、計画内の担当者をクリックして、タスクを割り当てます。

f:id:edrawfancy:20180111120752p:plain

 
  • 添付ファイルを追加
タスクに必要とされる資料や説明などがあることもありますから、MindMasterにより、タスクに添付ファイル、注釈、ハイパーリンクなどを追加することができます。

f:id:edrawfancy:20180111120739p:plain

  • 関連性を追加
この作業を完了したら、次の作業に入り、このタスクに変更があれば他のタスクにも変更する必要があるというようなタスク間の関連性がタスクの分割にもあります。繰り返しの確認をすることなくタスク管理を効率よくこなしように、これらの関連性をはっきりと示す必要があります。

f:id:edrawfancy:20180111120624p:plain

4. タスク管理を進む

以上のステップで、タスクをうまく分割して、タスク間の関連性もわかりやすく示しているタスク管理マインドマップが出来上がります。続いては、MindMasterを利用して、マインドマップでタスク管理を円滑に進みます。
  • タスクの進行状況を示す
タスクに完成度を表すマークを挿入して、タスクの進行状況をいつでも把握できます。

f:id:edrawfancy:20180111120607p:plain

MindMasterソフトウェアは、Cloudサービスを提供しています。Cloud保存と共有機能を通じて、タスク関連のチームメンバーにタスク管理について、情報共有、意見交流を楽とやることができます。詳しくはEdraw Cloud ヘルプでご覧ください。

まとめ

いかがでしょうか。MindMasterを利用して、マインドマップによるタスク管理は簡単でうまく行えるでしょう。マインドマップ風の見やすいタスク分割、一目でわかる関連性、豊富なマークで示された把握やすい進行状況など、いろいろなメリットがあります。タスク管理の必要がれば、ぜひこれをお試してください。

これを使えば就活が必勝!自己分析にマインドマップの活用

自己分析は、就職活動、自己改善などに欠かせないプロセスです。マインドマップを使えば、自己分析をより全面的に行い、自分を目立たせ、就職活動に必勝になれます。この記事では、マインドマップを活かして、自己分析を進む方法をご紹介します。

自己分析マインドマップ

自己分析とは、文字の通り、「自己」のことを「分析」してはっきりと認識することで、それは就職活動をうまく進むために欠かせないプロセスであり、また就活に取り組む方にとってあまり簡単ではないことです。自己分析をよく行えば、就職活動における自己PRや面接対策にも役立ちます。自己分析をする目的とは以下の3つのことがあります。
  • 長短所など自分のことを客観的に知る。
  • 自分のやりたいことを見つける。
  • 自分の適性(仕事や企業との)を明確にする。
以上の目的を達成するには、SWOT分析マインドマップを使って自己分析を行うのはおススメです。マインドマップとは、中心にキーワードやイメージがあり、中心に関連する様々なキーワードが放射状につながっているものです。マインドマップは、アイデアを芋づる式に洗い出し、思考を関連的に整理するために使われます。自己分析の場合に、中心に自分、性格、趣味、成長、学業などを枝分かれに書き入れ、マインドマップを使って自分のことを明確化にすることができます。なぜマインドマップを使って自己分析を進むかというと、以下の5つのメリットはその原因だと考えられます。
  1. 自分のことを一枚のマインドマップでまとめられ、一見して全体を把握できます。
  2. 芋づる式の連想方法で、思考を促し、分析を深めることができます。
  3. 無視しがちなポイントを見つけやすく、自己分析をより全体的にします。
  4. 情報の関連性を明らかにし、効果的な分析に役立ちます。
  5. 就職活動だけではなく、自己紹介をしたり、人生計画を立てたりするにも活用できます。

マインドマップで自己分析のやり方

では、就職活動において自己PR、自分を目立たせるための自己分析はどうのように行いますか。以下は、マインドマップで自己分析のやり方を4つのステップで説明します。

1. マインドマップの真ん中に自分を書く

空白のページの真ん中に、自分を示すこと書き入れます。写真、イラスト、お名前、「自己」という単語でもいいです。

2. 性格、経験など自分のことを整理する

マインドマップの真ん中における「自分」にブランチをつないで、枝に生活、趣味、学業、スキル、やりたいことなどの自分に関してのことを連想して書き出します。思い出してきたものを一気に書き入れてください。

3. 自分のことから強み、弱みを見つける

以上の生活、趣味、学業、スキルなどのことについて深く考えて、自分の強みと弱みを抽出してまとめます。これらの強みと弱みをそれぞれの項目の枝分かれに記入して、色付けして見やすく表示するのはおススメです。

4. 「自分」と「仕事」の関連性をつける

自分にどんな強みや弱みがあるかと明らかにした後、強みや弱みと自分がやりたいことや志望仕事との関連性をつけ、自分の適性を明確化する必要があります。例えば、性格における長所はやりたいことに欠かせないことであれば、その2つのポイントの間に関連線をつけてつなぎます。これらの関連性は、志望の仕事に自分PRするときの目立つところ、面接時に「なぜ」のように質問されたらすぐに出す答えになります。

f:id:edrawfancy:20180108111940p:plain

MindMasterソフトウェアをダウンロードして、自己分析マインドマップを書いてみましょう

まとめ

以上で述べたものにより、自己分析にマインドマップの使い方がわかるになるでしょう。マインドマップは、就活に自己PRや面接をうまく対応するための自己分析を進むのに役に立ちます。自己分析に行き詰まっている場合は、ぜひこのマインドマップをお試してみてください。
 

スケジュール管理にも適用!マインドマップの計画術

毎日予定、ToDoList、イベントプラン、事業年間計画などいろいろな場合に適用するマインドマップは、スケジュールを管理するための優れたツールです。この記事では、スケジュール管理におけるマインドマップの使い方をまとめてご紹介します。

マインドマップをスケジュール管理に活用

仕事や日常生活において、1日の予定や計画を立てたり、イベントのスケジュールを管理したりするという習慣がある人は少なくないのでしょう。何のツールを使ってスケジュール管理をしますか?メモ帳?またはスケジュール帳?メモ帳やスケジュール帳は、利用しやすくて、スケジュールを書くこともペンと紙だけで必要で、非常に簡単です。しかし、それにおけるスケジュールはリストされたものだけで、それらの関連性を示すのは無理です。スケジュールは情報ややることが多い場合は混乱につながってしまう可能性もあります。そのため、今回は、スケジュール管理に適用して、便利で効果の高いツールをご紹介します。それはマインドマップです。
マインドマップはずっと、考えたことを視覚化にまとめるためのツールとして注目されています。マインドマップでやることを全体把握でき、見やすく表現します。スケジュール管理はマインドマップの最もシンプルで広い活用だといえます。マインドマップをスケジュール管理に活用するメリットを考えてみると、以下の4点があります。
  1. 計画や予定の全体を一見して把握できます。
  2. スケジュールが構造化され、見やすいです。
  3. 項目の関連性も可視化に表現され、スケジュール対応の行動や作業に役立ちます。
  4. やることに優先順位を明確化して、仕事の効率を向上させます。
  5. 見返すときにも、わかりやすいです。

マインドマップの計画術

では、スケジュール管理において、マインドマップの活用は何でしょうか?以下はマインドマップの計画術をまとめて、スケジュール管理について、マインドマップの4つの使い方をご紹介します。

1. 1日のスケジュール

これは仕事も日常生活にも適切なマインドマップの使い方です。毎朝、マインドマップを使って、1日の仕事計画やスケジュールを時系列で見やすく書き出します。スケジュールにおける項目に、優先順位を示すためのマークや番号をつけることで、時間を管理して、仕事の効率もアップできます。このマインドマップのスケジュールは1日のやることのチェックリストだけでなく、月間まとめときの参考としても使えます。

f:id:edrawfancy:20180103111621p:plain

2. 結婚式スケジュール

結婚式のような、こまごましたことや注意点がたくさんある活動やイベントのスケジュール管理に、マインドマップも役立ちます。一枚のマインドマップで、時間、予算、事前準備、現場のスケジュールなど結婚式のすべてのことが含まれることも可能です。様々な記号やマークを使って、「できた」「準備中」「まだ始めていない」の進捗状況、「チェック必要がある」「時間注意」の注意点などスケジュールにおける項目の重要度やを示して、結婚式スケジュールを全体把握できます。マインドマップツールを介して結婚式スケジュールを作成すれば、来賓リスト、現場プロセスなどのファイルや注釈をマインドマップに添付することもでき、結婚式スケジュール管理を楽と行えます。

f:id:edrawfancy:20180103111635p:plain

3. 旅行計画

旅行計画もマインドマップのスケジュール管理の使い方の一つです。マインドマップを行き先の選択、旅行プランの作り、出発前の準備のチェックリスト、旅行中の参考資料などにも活用できます。旅行計画に網羅すべきのことをすべて一枚の旅行計画マインドマップでまとめることができます。マインドマップの構成、レイアウトなどは自由で、旅行計画をお好みの形で立てるのは可能です。

f:id:edrawfancy:20180103111648p:plain

4. イベントスケジュール

パーティー、週末活動、サークル活動などイベントのスケジュールを立てるにも、マインドマップが最高なツールです。マインドマップのイベントスケジュールに、時間、場所、参加者、費用、詳しい活動のプロセスなど様々なことを書き入れるのは可能です。このマインドマップはイベントの知らせ、まとめなどにも使えます。

f:id:edrawfancy:20180103111813p:plain

まとめ

以上で紹介いただいたマインドマップの計画術を一言でまとめてみれば、マインドマップは計画を構造化にして、スケジュール管理をうまく進むための優れたツールです。マインドマップを十分に利用すれば、日常生活の便利さや仕事の効率性が向上するようになります。さあ、マインドマップを1日の計画、イベントスケジュール、旅行計画などに使ってみようか。