fancyのブログ

EdrawSoft日本向けの広報担当者です。Edraw Max紹介や作図ソフトのおすすめとか、ダイアグラム作成方法とか、仕事の効率を向上させるいいコツなど発表していきたいと思います。創造力を活かし、より視覚的に

マインドマップって何?脱初心者ための入門知識

生活、学習、仕事など様々な分野に役立つマインドマップの入門知識をご紹介します。これを読んでから、マインドマップについて、初心者にも明らかにするようになります。
マインドマップって言葉は耳にすることがありますが、具体的にはどんなことであるのかはわからない人もいます。この記事で、その定義、由来、使いから、マインドマップの基本をわかりやすくご説明します。これらのマインドマップの入門知識をおさえておければ、初心者がマインドマップについて明らかにして、この効果的な思考ツールを生活、学習、仕事などに活用できるようになります。

マインドマップとは何?

マインドマップとは、頭で思い出したものを図式で表現するツールです。それは、中心にトピックについての文字や画像があり、中心から複数の枝分かれが放射状に発散して、各枝分かれにそれぞれのキーワードや画像がある、という人間の大脳思考のような可視化ダイアグラムです。マインドマップは、優れたノート術として、情報の整理、アイデアの発想、知識記憶などの場合に注目されています。良いマインドマップは、テーマの「形」、個々の点の相対的重要性、および枝分かれが互いに関連する方法を示しています。これは、レビューをすばやく行うことができることを意味します。ただ一見するだけで、情報の全体を把握することができます。

f:id:edrawfancy:20171123103545p:plain

マインドマップの由来

マインドマップは由来が3世紀までさかのぼって、長い歴史を持っています。初期の思想家や哲学者は、グラフィックデザインを使用して、一つの考えに関連するさまざまな概念、言葉、およびアイデアを描きました。マインドマッピングマインドマップ)という概念は最初、著述家であるトニー・ブザン(Tony Buzan)によって提唱されました。その後、科技、社会の発展による膨大な情報を効率的に処理することが必要とされる時代になって、マインドマップは創造的な思考を促進する有力なツールとして、ますます愛用されるようになります。

いつマインドマップを使う?

冒頭で述べた通り、マインドマップは、日々の生活や知識勉強ビジネスなどさまざまなシーンで機能できます。例えば、マインドマップで問題解決ための対策をブレーンストーミングして抽出します。また、複雑な概念や問題を学ぶとき、ただの文字の代わりに、マインドマップを使って、キーワードに関するアイデア、画像、概念などともはっきりと明確することができます。
以下は、マインドマップが役立つ場合をまとめて概説したマインドマップです。

f:id:edrawfancy:20171123103615p:plain

マインドマップの使いについて、詳しくはこちら:マインドマップの12種応用と事例

マインドマッピングツール

MindMasterはマインドマップを作成するための優れたフリーソフトウェアです。ブレーンストーミング、問題解決、思考整理、スケジュール計画など広く活用できます。直感的なユーザーインターフェース、おしゃれな内蔵テーマスタイル、豊富なクリップアートと要素、プロ並みのスライドショーモードなどを有し、MindMasterを使って、初心者でも素敵なマインドマップを楽と作成するのは可能です。

f:id:edrawfancy:20171123103800p:plain

マインドマップの作成における注意点

マインドマップを描くのは自由で、厳しいルールや規則はありませんけど、初心者がマインドマップを作成する前に、知っておくべきの注意点がいくつあります。これらのことはマインドマッピングをよりプロかつ効果的にするのに役立ちます。
  • 作図ページ(紙)中心から書き始める
  • 画像、イラストをたくさん使う
  • 異なる色を活かして分別、強調する
  • 説明は単語で書く
  • ブランチを使う(枝分かれ)

マインドマップの活用事例

以下はいくつのマインドマップの活用事例であり、これらの事例をご参照して、マインドマップの幅広い使いをより深く理解してください。

f:id:edrawfancy:20171123103827p:plain

スケジュール計画マインドマップ

f:id:edrawfancy:20171123103852p:plain

マインドマップフリーソフト-MindMaster V6.1が登場!

どろん!! |ω-) |-) |) ※パッ
マインドマップを作成するための無料ソフトウェアMindMasterの6.1バージョンが発表されました。
マインドマッピングツールとして、MindMasterは、ビジネスプレゼンテーション、教育活動、問題解決、スケジュール計画など、マインドマップを描くための優れたフリーソフトです。

f:id:edrawfancy:20171121142745p:plain

MindMaster 6.1の優れた点を一覧:

  1. 手描きスタイル:デフォルトのトピック図形の線を自然な波線に設定し、手描きのスタイルのマインドマップを作成できます。
  2. タスク管理:タスクパネルを介して、プロジェクトのタスクを管理、監視できます。
  3. メモ取り:Mindmasterを使って、メモを簡単で、効率的に整理します。
  4. 豊富な無料テンプレート:様々なテーマのテンプレートを無料で利用可能です。
  5. 直観的なユーザーインターフェイス:直観的で、馴染みやすいユーザーインターフェースで、何回のクリックでうまく使えるようになります。
  6. 効果の良いキーボードショートカット:マウスを使わずに簡単に操作を行えます。
  7. チュートリアルとガイド:初心者のために、基本操作についてのチュートリアルとガイドを提供します。
  8. おしゃれなテーマ:30種類のおしゃれなテーマが用意されています。
  9. 豊かなレイアウトマインドマップにさまざまなタイプのフレームワークを提供します。
  10. 虹の色スタイル:虹の色、交替色、対称色、単色など4種類の配色を提供します。
  11. ベクタークリップアート:アイコン、マーク、記号、イラストなどを自由に追加できます。
  12. スライドショーとプレゼンテーション:特定のトピックに焦点を当てたり、現在のマップの概要を示したり、会議中にスライドショーモードでプレゼンテーションをしたりできます。
  13. ガントチャート表示ガントチャート機能を通じて、プロジェクト管理におけるタスクの管理、追跡などが簡単になります。
  14. エクスポートと共有:さまざまな形式でマインドマップの出来上がりをエクスポートし、SNSや、クラウドで共有できます。

f:id:edrawfancy:20171121142502p:plain

MindMaster 6.1の対応OS

クロスプラットフォームのプログラムとして、MindMasterは以下のデバイスで便利に操作できます。
マインドマップを作成する必要があれば、MindMasterをお試してみましょうか。

初心者にもできるピラミッド図の作り方

規律のある増減を表示するにはピラミッド図を使うことがよくあります。良いピラミッド図はその関係と変化をわかりやすく示すことができます。ここで初心者にもできるピラミッド図の作り方をご紹介します。これをご参照して、素敵で見やすいピラミッド図を作成してみましょう。

ピラミッド図とは

ピラミッド図は、複数の項目やデータをピラミッド状に表示するダイアグラムです。比例関係と階層関係を明確にレイアウトすることができます。規律のある変化、階層の関係などを表現するのによく使われます。

ピラミッド図の作り方

以下は、初心者にもできるピラミッド図の作り方を5ステップで詳しくご説明します。

1.Edraw ピラミッド図作成ソフトを起動する

Edrawを起動して、「新規作成」の基本図におけるピラミッド図作成ソフトをクリックして、空白のキャンバス及びピラミッド図の作成に必要な図形を含むライブラリを開きます。

f:id:edrawfancy:20171117104948p:plain

2.ピラミッド図を自動生成する

ピラミッド図作成ソフトには、様々な種類のピラミッド図素材が組み込まれています。これらのあり合わせの図形を図面にドラッグ&ドロップするだけで、簡単なピラミッド図を得ることができます。緑のハンドルを介して、ピラミッド図のサイズを調節できます。

f:id:edrawfancy:20171117105832p:plain

f:id:edrawfancy:20171117105837p:plain

3.ピラミッド図を編集する

Edrawに組み込みのピラミッド図形はベクターで設計されたので、自由に編集することは可能です。以下の通り、色変更、ピラミッド項目の増減、設定などを行えます。
ピラミッド図の色を変更する
図形の塗りつぶしの変更には、図形をクリックして(個別の項目ならダブルクリック)選び当てて、カラーバーにお気に入りの色をポイントしたり、図形上のショートメニューにおけるスタイルボタンを介して色をワンクリックで変更したりして、多くの方法があります。

f:id:edrawfancy:20171117105904p:plain

ピラミッド図をカスタマイズする

以上のピラミッドライブラリから見ると、基本のピラミッド、反転ピラミッド、立体的なピラミッド、テキスト付きのピラミッドなどのタイプがあるとわかります。これらのピラミッド図形にそれぞれのアクションボタンが設定されております。ピラミッド層の追加/削除、垂直間隔、テキストの表示などの操作をワンクリックで実行できます。さらに、ピラミッドの層の図形をダブルクリックすると、層の位置の調整をサポートするアクションボタンもあります。
f:id:edrawfancy:20171117105920p:plainf:id:edrawfancy:20171117105925p:plain

4.ピラミッド図のコンテンツを追加する

ピラミッド図にコンテンツを追加するために、複数の方法があります。ピラミッド図形をダブルクリックして、デフォルトのテキストボックスに内容を入力したり、ライブラリに吹き出しや基本図形をドラッグしてそれに内容を入れたり、テキストボタンを介して新たなテキストボックスを追加したりして、お好みにピラミッド図の内容を編集できます。

f:id:edrawfancy:20171117105956p:plain

f:id:edrawfancy:20171117105959p:plain

5.ピラミッド図をエクスポート、共有、印刷する

作図を終わったら、ピラミッド図の出来上がりをJPG、PDF、オフィスファイル、SVGVisioなど様々な形式にエクスポートして保存できます。プレゼンテーションなどに使うには便利です。

f:id:edrawfancy:20171030114525p:plain

Edraw ピラミッド図作成ソフトは、クラウド共同作業もサポートします。ピラミッド図をチームクラウドを保存すると、仕事チームのメンバーの全員がそれを見えて、情報を取ることができます。個人クラウドなら、どこでも、いつでもドキュメントをアクセスするのは可能です。

f:id:edrawfancy:20171030114540p:plain

ファイルタブをクリックして、印刷を選んでから、ピラミッド図のプレビューが自動的に表れてきます。プレビューの下にあるページの矢印で、すべてのページをチェックできます。ダイアグラムのページが印刷紙より大きい場合は、ダイアグラムが1枚以上で印刷されてくるようになります。1枚だけでいいなら、「そのほかの印刷設定... 」をクリックして、自動調整を選択します。

f:id:edrawfancy:20171030114556p:plain

さあ、Edrawピラミッド図作成ソフトをダウンロードして、自らで素敵なピラミッド図を作成しましょう。

会議座席表テンプレート - 無料ダウンロード

会議室の座席表を作成して、座席レイアウトを見やすく設計する時に、デザインされたテンプレートがあれば効率的にできるようになります。ここで、ご参考になれ、編集可能な会議座席表テンプレートを無料ダウンロードできます。

会議座席表テンプレート

会議の知らせ、会議室の管理などの場合に、見やすくて配置合理的な会議室の座席レイアウトは必要とされます。会議座席表を効率的に作り上げるために、座席表テンプレートを使うのは良い選択肢です。テンプレートにレイアウトに関しておしゃれなアイデアを見つけて、自らでデザインを始めます。それとも、直接テンプレートをカスタマイズして、新たな会議座席表を作り出します。
以下の2件の会議室の座席表テンプレートはEdraw 座席表作成ソフトで作られて、PDF 形式とEDDX形式(編集可能)の無料ダウンロードは可能です。テンプレートはベクトルベースで設計されたので、ダウンロードして色、テキスト、サイズ、背景を変更したりして自由に編集することができます。

f:id:edrawfancy:20171113103728p:plain

もっと座席表テンプレートを見よう

Edraw 座席表作成ソフトには、結婚式、飛行機、劇場などに関しての座席表テンプレートも含まれます。さあ、ご要望のテンプレートと例を発見しましょう。
結婚式座席表

f:id:edrawfancy:20171113103804p:plain

劇場座席表

f:id:edrawfancy:20171113103810p:plain

飛行機座席表

f:id:edrawfancy:20171113103812p:plain

 
座席表作成ソフトを無料ダウンロードして、すべてのテンプレートを見ましょう

10分間でできる地下鉄路線図の書き方

路線図を描くには、Excel、Wordなどのツールもできますけど、初心者でも見栄え良い路線図を手軽に作成するためには、Edrawはおススメです。ありあわせの図形をドラッグ&ドロップするだけで書けます。この記事では、10分間内でできる地下鉄路線図の書き方をご紹介します。

路線図について

路線図とは、鉄道、地下鉄、バスなどの交通施設、路線を図式する系統図です。路線を示す線及び駅を示す円形の点などの記号で可視化に表示されます。路線と停留所(駅)のほかに、路線との交差位置に空港、鉄道駅などを描き出す必要もあります。
路線図の作成は複雑なことではないけど、そのうちに気をつける必要があるポイントもあります。それは、起点、終点、交差点という3種類の駅を示す記号を普通より大きい点で表したり、色使い分けで異なる線路を表示したりすることです。

路線図の描き方

以下は地下鉄路線図を例として、Edraw路線図作成ソフトを使って路線図を作成する方法をご紹介します。

1. Edraw路線図作成ソフトを起動する

Edrawを起動して、ファイルタブにおける「新規作成」をポイントします。地図を選んで、地下鉄路線図作成ソフトのアイコンをダブルクリックして、空白のキャンバス及び路線図の作成に必要な地下鉄図形を含むライブラリを開きます。

f:id:edrawfancy:20171108112703p:plain

2. 地下鉄線路を描く

まずは、線路を描き始めます。Edraw路線図作成ソフトには、路線図に関するベクターの記号が組み込まれています。ライブラリから線路図形をドラッグ&ドロップして、ご要望によって組み合わせて、見やすい線路を得ます。

f:id:edrawfancy:20171108112716p:plain

前述のように、線路の図形はベクターベースで設計されたので、自由に編集することは可能です。以下が示す通り。異なるタイプの線路はそれぞれの編集方法が設定されております。1番目の直線は円形のハンドルで回転でき、方形のハンドル長さを調節できます。2、3番目のは曲がり付きの線路は曲がりをカスタマイズすることができます。2番目の黄色のハンドルをドラッグすることで、曲がりの角度を調節できます。3番目の円滑な曲がりの場合は、その曲がり角の大きさも変更できます。すべての線路に幅を設定するアクションボタンが付いて、ご要望によって線路の粗さを編集することかできます。

f:id:edrawfancy:20171108112918p:plain

3. 駅を追加する

次は、線路に駅を入れます。左側のライブラリから駅を表す点を線路にドラッグして、位置を調節します。ライブラリには、駅名の位置(上、下、左上隅、右上隅など)に応じて、様々なタイプの点がありますから、線路の分布に応じて、適切な点を選んでください。
駅の図形に、サイズ、方向、駅名を表示するテキストの位置もハンドルを使って編集できます。図形上のデフォルトテキストをダブルクリックして駅名を入力することができます。

f:id:edrawfancy:20171108112644p:plain

4. 線路を色分けする

冒頭で述べたとおり、利用者が線路をより明確に判断できるようにするために、路線図における線路は色分けをする必要があります。線路に色をつけるには、複数の方法があります。線路を選び当てて、プログラムインタフェースの底部におけるカラーバーに必要の色をポイントするだけで、線路の色が変わります。または、線路図形上のショートメニューにおける「スタイル」ボタンをクリックして、「塗りつぶし」機能でお気に入りの色に変更することもできます。

f:id:edrawfancy:20171108112633p:plain

5. 凡例を書き出す

路線図を初めて見る方にも、自分の位置、乗りたい線路、経路などをすぐにわかるようになるため、路線図にいろいろな説明情報が掲載されている必要があります。説明情報には方向、線路の名前、飛行機、鉄道駅などが含まれます。そのため、最後には、路線図に凡例を標記してください。

f:id:edrawfancy:20171108112534p:plain

f:id:edrawfancy:20171108112810p:plain

 

 

6. 路線図をエクスポート、印刷、掲出する

路線図の作成が済んだら、その出来上がりをJPG、PDF、オフィスファイル、SVGVisioなど様々な形式にエクスポートして保存できます。

f:id:edrawfancy:20171030114525p:plain

ファイルタブをクリックして、印刷を選んでから、路線図のプレビューが自動的に表れてきます。プレビューの下にあるページの矢印で、すべてのページをチェックできます。ダイアグラムのページが印刷紙より大きい場合は、ダイアグラムが1枚以上で印刷されてくるようになります。1枚だけでいいなら、「そのほかの印刷設定... 」をクリックして、自動調整を選択します。
さらに、路線図を駅のコンコース、入り口、車内、旅行案内などの場所に掲出するために使います。

f:id:edrawfancy:20171030114556p:plain

 

さあ、Edraw路線図作成ソフトをダウンロードして、路線図を簡単に作成しましょう。