fancyのブログ

EdrawSoft日本向けの広報担当者です。Edraw Max紹介や作図ソフトのおすすめとか、ダイアグラム作成方法とか、仕事の効率を向上させるいいコツなど発表していきたいと思います。創造力を活かし、より視覚的に

初心者でも可能!超簡単なチラシの作り方

初心者でもすぐに作成可能で、超簡単なチラシの作り方をご紹介します。Edrawチラシデザインソフトで、組み込みのベクター素材と無料のテンプレートを使って、おしゃれで効果的なチラシを作り出します。

チラシデザインについて

チラシは、フライヤー、ビラともいい、商品、サービス広告、イベント知らせなど様々な内容にかかわり、集客ツールとして、飲食、旅行、販売などの分野に愛用されています。おしゃれで魅力的なチラシは、顧客の興味を引き、反響を引き起こして、最後に知名度高め、集客、売り上げアップなどにつながることができます。では、どうやって効果的なチラシを作成するのでしょうか?今回は、初心者にとっても超簡単なチラシの書き方をご紹介していただきます。
チラシデザインを始める前に、いくつかのチラシデザインコツをご覧ください。おしゃれで効果的なチラシデザインを得るには、 以下の注意点を抑えてください。
  1. ターゲット、目的の特定、載せたい情報の収集などチラシデザイン前の準備をしっかりとします。
  2. 読者に有益でわかりやすいコンテンツを掲載します。
  3. 文字だけでなく、イラスト、画像や写真も活用してください。
  4. 色の組合せを意識する。
  5. レイアウトをきれいで、見やすくします。
  6. 印刷する前に、他人に見せて、意見を求めます。
チラシデザインのコツについて、詳しくは「キャッチーで効果的なチラシを作成するための12個コツ」という記事をご覧ください。

Edrawでチラシの作り方

ここで、Edrawチラシ作成ソフトを使っておしゃれなチラシを簡単に作成する方法を6つのステップで説明します。

1. チラシに掲載する情報を整理する

商品、サービス紹介のチラシなら、商品やサービスの詳細情報、特徴、セールポイント、入手方法などが必要で、イベント知らせ、募集などのチラシなら、イベントの内容、時間、アドレス、連絡先などが欠かせないです。さらに、テーマに合っているイラストや、画像、高品質の写真も準備する必要があります。どんなタイプであっても、チラシに掲載するものは人々の興味を引け、顧客に有益なものとなることです。チラシデザインを始める前に、これらの役立つ情報をまとめて整理してください。

2. チラシ作成ソフトを起動する

次は、Edraw Infographicを起動して、「新規作成」のチラシをクリックして、空白のキャンバス及びチラシ作成に必要な図形を含むライブラリを開き、チラシデザインを始めます。

f:id:edrawfancy:20170918110227p:plain

3. チラシのサイズを設定する

まずは、チラシのサイズを設定します。チラシのサイズは固定的なのではないけど、一般的にはA4判やB5判のはよく見られます。ホームメニューにおけるページレイアウトの「サイズ」「向き」ボタンにより、チラシページのサイズと方法を設定します。A4、B5など様々なデフォルトのサイズを選択できます。または、「ページ設定」ボタンをクリックして、カスタムサイズを設定することも可能です。

f:id:edrawfancy:20170918110247p:plain

4. レイアウトを設定する

次は、ガイドラインを使ってチラシのレイアウトを設定します。これはグリッドを配置することで、チラシの余白を取るのです。レイアウトグリッドをドラッグして、ページの余白を設定し、ページをテキストと画像を正確に配置するためのセクションに分割する必要があります。
  • チラシにおける見出し、本文のテキスト、グラフィックなどはどのように配置するのか、頭でレイアウトのアウトラインを描き出します。
  • ガイドラインを配置する:
水平ルーラーからドラッグして水平ガイドを作成します。垂直ルーラーからドラッグして垂直ガイドを作成します。
ガイドラインをクリックすると、緑に変わります。ポインターガイドラインの上に置き、ドラッグして移動します。
  • ご注意:「表示」タブで、ルーラー、ガイド、グリッド線の表示を設定することができます。

f:id:edrawfancy:20170918110322p:plain

5. コンテンツと画像を追加する

テキストを追加する
1. ホームメニューにおける「テキスト」ボタンを介して、テキストボックスを作成します。
2. 自分のコンテンツを入力します。
3. ショートメニューの「フォント」ボタンを介して、テキストのフォント、色、配置などを自由にカスタマイズします。

f:id:edrawfancy:20170918110347p:plain

イラストを追加する
Edraw Infographicには、チラシデザインに活用できる豊富なベクターのイラスト素材が組み込まれています。ライブラリで必要な素材を選んで、チラシ図面にドラッグ&ドロップするだけ使えます。
1. イラストライブラリを開きます。
2. 必要のイラストや記号をチラシ図面にドラッグ&ドロップします。
3. 図形を選び当てて、円形ハンドルで回転し、方形ハンドルをドラッグしてサイズを調節し、ショートメニューにおける塗りつぶしボタンをポイントして塗りつぶしをカスタマイズします。

f:id:edrawfancy:20170918110407p:plain

自分の画像や写真を挿入する
顔写真など自分の写真をチラシの背景やグラフィックとして使うのはチラシの信用力を上げることができます。以下はチラシに写真を挿入、編集する方法です。
1. 右側における画像編集ツール「ファイルから画像を挿入します」をポイントして、パソコンから自分の画像や写真をニュースレターに挿入します。
2. ソフトに内蔵の特別の形状で画像や写真を切り取りして、見栄えいよい画像を作成します。
3. カスタム切り取りツールを使って、画像や写真を任意の形状で切り抜くのが可能です。

f:id:edrawfancy:20170918110430p:plain

6. チラシをエクスポート、共有、印刷する

チラシデザインが終わったら、出来上がりをJPG、PDF、オフィスファイル、SVGVisioなど様々な形式にエクスポートして保存できます。

f:id:edrawfancy:20170918110450p:plain

Edrawチラシ作成ソフトは、クラウド保存と共同作業もサポートします。チラシを個人やチームクラウドに保存すると、自分がどこでもいつでもアクセスでき、チームクラウドに保存すれば、チームメンバーもそれを見えて、情報を取ることができます。
f:id:edrawfancy:20170918110501p:plain
ファイルタブをクリックして、印刷を選んでから、チラシのプレビューが自動的に表れてきます。プレビューの下にあるページの矢印で、すべてのページをチェックできます。ダイアグラムのページが印刷紙より大きい場合は、ダイアグラムが1枚以上で印刷されてくるようになります。1枚だけでいいなら、「そのほかの印刷設定... 」をクリックして、自動調整を選択します。

f:id:edrawfancy:20170918110551p:plain

さあ、Edrawチラシ作成ソフトをダウンロードして、自らで見栄え良いチラシを作成しましょう。今すぐ無料体験

キャッチーで効果的なチラシを作成するための12個コツ

集客、知名度の高めなど最後の目的につながるキャッチーで効果的なチラシデザインは何でしょうか?この記事は、チラシデザインの手順に応じて、おしゃれなチラシを作成するための12個のコツをまとめてご紹介します。
インパクトの強いチラシは目をつかんで受取人に読ませるのに役立ち、最後に効果的な行動につながります。では、魅力的で優れたチラシはどのようなものですか?さらにどうやってキャッチーで効果的なチラシを作成するのでしょうか?今回は、デザイン前の準備、見出し、テキスト、画像、レイアウト、色の使い、などチラシデザインの手順に応じて、おしゃれなチラシを作成するための12個のコツをまとめてご紹介します。

チラシデザイン前の準備

チラシをデザインする前に、チラシのターゲットと目的の明確、チラシに載せたい情報の整理などいろいろな事前準備が必要です。「誰に」「何を」伝達したいのかい、しっかりと考えなければならないのです。
1. チラシのターゲットと目的を明確する
チラシを誰に発行するのでしょうか?年齢、教育程度、職業、性別、興味、ニーズなど対象のことをはっきりと把握することが必要です。さらに、ターゲットに何をさせるのかい(チラシを読んでから何の行動をしてほしい)をチラシの目的として考慮、確定します。ターゲットと目的を明らかにしてこそ、チラシに載せる情報、デザインの方向性などをうまく進めることは可能になります。
2. 必要で有益なコンテンツを整理する
集客や売り上げアップのための製品紹介、販売チラシやフライヤーなら、商品の詳細情報をはっきりと示すべきです。さらに、商品本物の特徴を強調すぎないで、お客様がこの商品から何を得られるのか、顧客の立場で商品を紹介してください。一言で言えば、情報の正確性と重要性の上に、顧客の興味を膨らませ、有益なものを掲載してください。また、チラシのボトムに会社名、連絡先など会社情報を忘れないでください。

魅力的なコンテンツを作る

準備が終わったら、チラシデザインを始めます。チラシには見出し、本文などが含まれ、文字と画像両方もあります。チラシの内容はその肝心のもので、何よりも工夫を施すべきです。
3. キャッチーな見出しを作成する
一般的には、見出しを一見して、お客様はこのチラシから有益な情報を得るかどうかを知ることができますから、キャッチーな見出しを作成する必要があります。見出しに総括的な文字を使う上に、文字を大胆に大きくにしたり、ユニークなフォントを選んだり、数字を使ったりして見出しを目立たせるのはお勧めです。
4. 文章を読みやすくする
できるだけ、長い文章を使わないでください。本当に必要とすれば、文章を短くして、複数の部分に分割します。サブタイトル、本文などそれぞれの適切なフォントを使い分け、文字の整列性を高め、見やすくします。
5. 高解像度のグラフィックを使う
優れたチラシは、きっと簡潔な文字と鮮明なグラフィックの最適化の組合せです。チラシにおしゃれな背景を入れ、テーマに合っているイラスト、アイコンのデザイン素材、特に高解像度の写真や画像を加えることで、チラシに掲載するものの信用力をアップすることができます。(ご注意:画像の下に簡潔な説明文をつけるのはお勧めです。)

f:id:edrawfancy:20170914112646p:plain

6. グラフやチャートでデータを示す
チラシにデータ統計や比較などを掲載する必要がある場合は、グラフやチャートを使ってデータを示すのは良いと思われます。ただ数字と文字で表現することと比べて、スペースをあまり占めないほかには、より直観的でわかりやすくて、色づけのグラフとチャートもグラフィックとしてチラシを豊かにすることができます。
7. コントラスト色を活用する
チラシデザインにおいて、色の使い方はきわめて重要な役割を果たしています。文字、背景、画像やイラストにテーマにぴったりする3-5種類の色を選んで、さらに配色にコントラストをつけるのは良いのです。コントラスト色を活用することで、重要な部分を強調したり、文字を視覚的に見やすくしたりするのに役立ちます。しかし、コントラストを使用すぎたら、デザインはめちゃくちゃになり、期待お裏腹の結果になるかもしれません。

f:id:edrawfancy:20170914112725p:plain

レイアウトをきれいにする

8. レイアウトを自然にする
チラシの左上部(横書き)や右上部(縦書き)からはじめ、タイトル、本文、連絡先などコンテンツをZ型やN型で配置することで、読者の自然な視線の流れでチラシを読むことができ、内容もより読みやすくなります。
9. 関連する要素をグループする
チラシに複数のセクションがあることはあります。一つのセクションにあるテキスト、イラスト、写真などを枠、色などでグループして配置してください。これは、情報の見やすさにつながる上に、内容も一見して見分けることもできます。

f:id:edrawfancy:20170914112804p:plain

10. 余白を十分にとる
チラシの見やすさにつながるため、チラシレイアウトには「余白を取る」ことは重要です。余白には、「文字と文字」「文章と画像」「コンテンツとチラシ枠」などがあります。これらの要素の間に、余白を十分に取るようにしてください。これはデザインするときにグリッドを作成することによって完成できます。

f:id:edrawfancy:20170914112754p:plain

チラシデザインを効率的に行う

11. 使いやすいツールを選ぶ
デザイナーにとって、緊急活動などのためチラシをすぐに作り出すこともあります。デザインの苦手の方も、チラシを簡単に作成する方法もほしいです。そのため、チラシデザインに使いやすいツールが必要なものです。簡単で便利チラシ作成ソフトがあれば、チラシデザインを効率的に行えるようになります。使いやすいチラシデザインツールとして、Edrawはお勧めです。ソフトには、豊富なベクターデザイン素材、無料で使えるチラシテンプレート、及びスマートで便利なデザインツールが組み込まれています。テンプレートをご参考として、ベクターのイラスト素材を使って、自動配置、クイック書式設定などのツールでチラシを楽とレイアウトして、おしゃれなチラシを一気に作成できます。

f:id:edrawfancy:20170914112845p:plain

Edrawチラシ作成ソフトをダウンロードして、自らで素敵なチラシを作成しましょう。今すぐ無料体験

印刷前のチェック

12. 他人の意見を求める
自分のインスピレーションは限られているかもしれません。デザインを完成させる前に、改善のために、他人の意見を求めてください。他の人を読者(ターゲット)と見なし、チラシに興味があるか、読みやすいのか、何か不具合のことがあるのか、他人の感想をご参考として、チラシデザインを最適化にします。

まとめ

以上は準備から印刷まで、優れたチラシをデザインするための12個のコツです。もちろん、これらの要点のみ抑えておき、素敵なチラシをデザインできるわけではありません。チラシデザインをする時に、表現テーマのタイプ、ものの特質、個人的なデザインアイデアなどに従って、しっかり工夫を施して、すばらしい出来上がりを得るのは可能です。今回ご紹介していただいた12個のコツをご参照して、あなたの創造力を活かして素敵なチラシデザインを進めてください。

タイムラインインフォグラフィックの作り方

タイムラインインフォグラフィックは、情報を時系列に見やすく伝達するのに役立ちます。では、どうやって魅力的なタイムラインインフォグラフィックを作成しますか?この記事では既製のテンプレートを介してタイムラインインフォグラフィックを作成する方法をご紹介します。
タイムラインインフォグラフィックは、イベントのリスト、歴史の発展を示す時系列インフォグラフィックです。線形構造のタイムラインインフォグラフィックにより、もの流れ、変容などはっきりと表現されます。

f:id:edrawfancy:20170908112740p:plain

タイムラインインフォグラフィックの作り方
では、タイムラインインフォグラフィックはどうやってデザインしますか?ここで、Edrawインフォグラフィックソフトウェアでタイムラインインフォグラフィックを作成する方法を簡単にご紹介します。
ステップ 1: コンテンツを準備する
デザインを開始する前に、既にすべての情報を収集して内容を確認しておく必要があります。これは、使用するレイアウトやスタイルを決定するためのガイドとなるためです。以下のことを明らかにしてください:
  • インフォグラフィックにタイムラインが含まれるポイント(イベント)はいくつですか?
  • どのように詳細な情報がありますか?
  • それは写真を含むかどうか?
ステップ 2: タイムラインインフォグラフィックのテンプレート選ぶ
上記の情報に応じて、ライブラリから適切なタイムラインのテンプレートを選択します。プログラムには合計26件のタイムラインインフォグラフィックテンプレートがあります。テンプレートをドラッグ&ドロップして、デザインを開始できます。

f:id:edrawfancy:20170908113115p:plain

Edrawインフォグラフィックソフトウェアをダウンロードして、すべてのタイムラインインフォグラフィックテンプレートを見よう:
ステップ 3: コンテンツを追加してフォーマットをカスタマイズする
選択したタイムラインをドラッグ&ドロップして編集を開始します。ベクターベースのタイムラインを自由に編集することができます。以下のは可能です:
  • 任意の場所にテキストブロックを追加し、文字のフォント、色、サイズを変更します。
  • 図形の色を変更、置き換え、再配置します。
  • イベント番号を設定します。
  • 組み込みのライブラリから他のクリップアートやインフォグラフィック素材を追加します。

f:id:edrawfancy:20170908112838p:plain

上記はシンプルなテンプレートです。以下はカスタマイズしたものです。線と図形の色を変更し、画像を置き換え、タイトルを追加し、フォントを変更しました。さらに、「テクスチャ背景」ライブラリから背景を選択しました。(赤ちゃんに関してのクリップアートやイラストは、ベビーライブラリにあります。)

f:id:edrawfancy:20170908113215p:plain

ステップ 4: 自らでデザインをする
上記のテンプレートにお気に入りのはなければ、線、円、長方形、矢印などのクイック素材を使用してゼロから設計できます。
線を追加する
ラインツールで線を描き、右側のラインフォーマットタブからラインの色、太さ、種類、または矢印を設定します。

f:id:edrawfancy:20170908113149p:plain

ノードを追加する
円を描画するには、楕円ツールを使用します。基本図形ライブラリにおける既製のベクター図形をドラッグして直接使用することもできます。

f:id:edrawfancy:20170908113233p:plain

テキストブロックを追加する
図形ライブラリにはベクターのテキストボックスのセットを利用できます。または、テキストボタンをポイントして、シンプルなテキストボックスを作成し、さらに色、サイズなどをカスタマイズします。

f:id:edrawfancy:20170908113245p:plain

飾りを追加する
適切な飾りは、タイムラインをよりインフォグラフィックにします。インフォグラフィックのトピックに合っているクリップアート、アイコン、画像、イラストなどの装飾を加えれば、タイムラインのインフォグラフィックはより鮮やかになり、直感的になります。

f:id:edrawfancy:20170908113304p:plain

インフォグラフィックにおけるタイムライン

タイムラインは、ある期間にわたってプロセスやものの発展を視覚化するのに最適な方法です。インフォグラフィックデザインに使えば、情報を時系列に表現するのに役立ちます。
タイムラインはものの発展、変容などの情報を時系列に表示するツールです。情報を見やすく伝達するための有力なツールとして、インフォグラフィックデザインに注目され、愛用されます。タイムラインインフォグラフィックは歴史の発展、ものの変容、人生の出来事、履歴、成長、スケジュール計画など、様々な分野に活用できます。

f:id:edrawfancy:20170904110900p:plain

タイムラインインフォグラフィックの用途
  1. ビジネス:ブランドストーリーや発展歴史などを可視化します。
  2. 教育:歴史年表、ものの進化歴史、有名人の人生紹介などを可視化にし、わかりやすく表現することで、学生の興味をひきつけるのに役立ちます。
  3. プレゼンテーション:旅行計画、スケジュールなどにも活用できます。
  4. 就活:自分のキャリアや経験などをタイムラインで表現し、目立たせるインフォグラフィック履歴書を作ります。
タイムラインインフォグラフィックの種類
タイムラインインフォグラフィックは一つの直線と複数のポイント(マイルストーン)でものの変容、発展、歴史、成長などを表示します。方向で見れば、横型、縦型のタイムラインがあり、スタイルで見れば、中央配置、左揃え、ジグザグ、サークルという4つのタイプがあります。(デザイナーのお好みや考えなどによって、他のカスタムのスタイルもあります。)
  • 中央配置:普通の一つの直線と両辺における複数のポイントからなり、横型と縦型があり、最も見られるタイプです。
  • 左揃え:線の一辺のみテキストがあり、説明のコンテンツが多く記載したい場合はこれが最適です。
  • ジグザグ:線は「Z」の形になり、おしゃれなデザインスタイルです。 
  • サークル:線はサークルの形で、タイムラインで表示する内容は中心にあるトピックやテーマをめぐって表現することを強調できます。

f:id:edrawfancy:20170904110951p:plain

タイムラインインフォグラフィックの事例
以下、Edrawインフォグラフィックソフトウェアで制作されたタイムラインインフォグラフィックの使用事例をいくつか挙げます。具体的にどうやってタイムラインをインフォグラフィックデザインに活用するのか、これらの例をご参照してください。

            f:id:edrawfancy:20170904111012p:plain

            f:id:edrawfancy:20170904111028p:plain 

            f:id:edrawfancy:20170904111045p:plain

            f:id:edrawfancy:20170904111110p:plain

インフォグラフィックに地図の使い

地図は、データや情報を可視化するためにインフォグラフィックデザイナーの愛用のツールです。なぜ地図はインフォグラフィックデザインに良く見られるのでしょうか?この記事でインフォグラフィックに地図の使いからその原因を検討します。

インフォグラフィックと地図

インフォグラフィックとは、文字の代わりに、情報をグラフィック、チャートやグラフ、地図など可視化の要素で複雑で膨大なデータをわかりやすいように表現するためのツールです。
地図とは、地球表面の状況を縮小して、特別な記号や図形で平面上に表現したものです。
前述のことから見ると、インフォグラフィックと地図、両方の相通点は、情報をグラフィックで示し、可視化にすることにあります。地図の使いは、インフォグラフィックにおける地域、国家、世界などに関連する情報を簡単に伝達するのに役立ちます。そのため、地図はインフォグラフィックデザインに愛用されることは錦の上に花を添えるように、当然なことではないでしょうか。

f:id:edrawfancy:20170830105921p:plain

インフォグラフィックに地図の使い

旅行案内、調査レポート、ビジネスマーケティング、世界知識紹介、人口比較、地域比較などトピックにかかわるインフォグラフィックには、地図の使いがよく見られます。まとめて言えば、以下の2つの種類があると思います。
この種類のインフォグラフィックはそもそも大きくの地図で、地図の上に簡潔なコンテンツや情報を記載しています。これらの地図インフォグラフィックは、地域、国家、世界などに関連する情報を紹介するためにデザインされることはよくあります。そのうちに、旅行案内、観光地の案内図、地域の紹介、世界知識紹介(雨季、動物、食べ物など)などが含まれます。
「地図を補助として」はつまり、ただ地図のアウトラインを介して、表現ツールとして使用されます。例えば、ビジネスマーケティングシェアを説明するために、世界地図のアウトラインに目印をつけて、それぞれのデータや情報を示します。

インフォグラフィックに地図の役割

冒頭で述べたとおり、地図をインフォグラフィックに使うのは、両方が互いに補い合うようになります。で、地図はインフォグラフィックにどんな役割がありますか?地図の使いには何の目的があります?考えてみると、以下の3つのことがあると思います。
  1. 複雑なデータや膨大な情報を簡単に表示します。例えば、「どこが何のことがあります」という長い文字を地図に対応の位置に目印をつけて、説明の単語で簡単に表示できます。
  2. 視覚上には効果です。単なるの言葉や、普通のグラフィックより、地域、国家、世界などに関連する情報を示すのは、やはり、地図の視覚上の効果が良いです。
  3. プレゼンテーションや説明などを助けます。地図を介して、知識や情報の伝達はより簡単で、わかりやしです。一見して全体の把握することができますから。

インフォグラフィック地図の使用事例

以下、Edrawインフォグラフィックソフトウェアで制作されたインフォグラフィック地図の使用事例をいくつか挙げます。具体的にどうやって地図をインフォグラフィックデザインに活用するのか、これらの例をご参照してください。

             f:id:edrawfancy:20170830110120p:plain

             f:id:edrawfancy:20170830110123p:plain    

             f:id:edrawfancy:20170830110124p:plain