読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

edrawfancyのブログ

EdrawSoft日本向けの広報担当者です。Edraw Max紹介や作図ソフトのおすすめとか、ダイアグラム作成方法とか、仕事の効率を向上させるいいコツなど発表していきたいと思います。創造力を活かし、より視覚的に

Visio 以外でVisio VSDX ファイルを開く

Edraw Maxは、WindowsMac上でVisio vsdx ファイルを開いて表示するための優れたVisioビューアーです。
 
Visio ファイルフォーマットVSDXについて
Microsoft Visio®は、建築家、エンジニア、プロジェクトマネージャ、ビジネスマンがフローチャート、ブロック図、ビジネスプロセス図、グラフ、ネットワーク、間取り図などを作成するためのパワフルな作図ソフトウェアとして広く使用されています。Visio 2013が登場してからというもの、新しいファイル形式「.vsdx」が以前のバイナリファイル形式「.vsd」とXML図面ファイル形式「.vdx」の代わりに、visio ファイルの一般の形式になります。VSDX ファイルは、ZIPアーカイブパッケージとXMLコンテンツの組み合わせです。
一般的に言うと、普通のユーザーにはVisioを購入する必要はなく、使いは複雑で、価格も低くないのですから。では、Visio を手に入れていない場合は、Visio ファイルを開くにはどうすればいいでしょうか。ご心配ないでください。ここで、Visio 以外のツールでVisio vsdx ファイルを開くには効果的な対策が提供されます。
 
WindowsMacの上でVisio VSDX ファイルを開く方法
多機能のクロスプラットフォームの作図ソフトであるEdraw Maxは、WindowsMacの両方でVisio vsdxファイルを開いて表示するのに優れた方法を提供します。これにより、ユーザーはVSDXファイルを開いたり、表示したり、編集したり、さらにVisioに戻したりすることができます 。
 
Visio vsdx ファイルを Edraw Maxにインポートする3ステップ:
1. Edraw Maxを起動します。
2. 「ファイル」メニューにおける「インポート」をポイントして、Visio ファイルを選びます。
3. コンピュータ上のvsdx ファイルを見つけて、「開く」をクリックします。

f:id:edrawfancy:20170525104125p:plain

 
Visioの代わりにEdraw Maxを選択する3つの理由
Edraw Maxは、コスパの高いVisioの代替品です。その理由は以下のとおりです。
1. MS プログラムとの互換性
EdrawはMicrosoft Officeと完全に互換性があります。Edraw 図面をWord、PowerPointExcelなどOfficeドキュメントに変換するのは、「コピーと貼り付け」という簡単なことです。
2. 学びやすく、使いやすく、小さくてもスマート
空白から作図を始まる必要はありません。ライブラリから既製の図形をドラッグしてページにドロップするだけです。Edrawを使用すると、200 種類以上の図を簡単に描画できます。
3. Visioより手頃な価格
Edraw Maxの価格はVisioのコストの一部であり、当社のライセンスプランにもより柔軟性があります。永久ライセンス、生涯ライセンス、サブスクリプション ライセンス三つのライセンスタイプが提供されて、生涯ライセンスを一回購入すると、無料生涯アップグレード保証を得ることができます。

ミ( ノ〃⌒ー⌒)ノ シュタッ!登場♪ - ☆Edraw Max 8.7☆

最新バージョンEdraw Max 8.7が発表されました。
 8.7には、バッグを改善した上に、いくつかの新たな機能も追加されました。
 
※日本語入力の不具合は改善しました。

※無効化 - PCの変換は自分で完了!

V8.7で、無効化という機能により、弊社と連絡せずに、ユーザー自分でPCの変換をできます。

「無効化」ボタンをクリックして、現在のPCにおけるEdrawは無効にして、新たなPCにEdrawをインストールして、ライセンスコードを使って有効化にすることができます。 

f:id:edrawfancy:20170523170631p:plain

※共有管理 - 共有はより簡単に!

ユーザーが共有したファイルを管理する「共有管理」という機能も追加されます。
ユーザーが共有ボタンにより、自分の出来上がりをシェアできます。共有ファイルはHTMLリンクや、QRコードでEdraw ビューアで閲覧できます。

f:id:edrawfancy:20170523170641p:plain

シェアされたファイルはすべて共有管理ツールに見えます。共有の有効期限、共有ファイルを開く、ファイルのインプレッション数、「いいね」数など共有ファイルの設定と管理がラクラクとできます。

f:id:edrawfancy:20170523170650p:plain

さあ、お試してみよう

パワフルな数学プリント作成ソフト

Edraw Maxを介して、内蔵のベクターの数学記号を使って、数学プリントや教材、テスト、図形問題などをパソコンで手軽に作成します。
 
数学問題作成

f:id:edrawfancy:20170519110936p:plain

関数、幾何学図形、数式など数学問題の作成とは、手で書いたり、漢字で打ったりすることによりは簡単で楽勝ですが、効率的に作成を完了するのはやはりパソコンが最適です。しかし、パソコンで数学教材、テスト、プリント、授業プレゼンテーションの作成の場合にきれいではっきりとした数学問題を書き上げるのはなかなか難しいのです。では、どうすればのよいでしょうか?
 
数学プリント作成ソフト
Edraw は複雑な数学問題を手軽且つ効率的に作成するのにパワフルなツールを提供します。数学プリント作成ソフトに、数学式、ギリシャ文字などの数学記号、2D、3Dの幾何学図形などが含まれます。すべてのがベクターの形式なので、ご要望のように編集することが可能です。数学プリントや教材、数学問題集、数学テスト、数学図形などの作成に最適で、教員など数学教育に携わるユーザーにお勧めの数学図作成ツールです。

f:id:edrawfancy:20170519110954p:plain

どうしてEdraw は数学プリント作成に最適なツールですか、理由を発見しましょう。
 
対応OS
Windows 2000、XP、 VistaWindows 7、8、10
Windows 32、64 bit
Mac OS X 10.2 と今後のバーション
 
数学プリント作成ソフトの特徴
  1. 数学だけでなく、化学、物理、生物などの実験図、解析図なども作成できる多機能な教育作図ツールです。
  2. ベクターの数学記号と図形を利用できます;
  3. ドラッグ&ドロップの直観的なインターフェース設計で、操作しやすいです;
  4. 解像度を損なわずに任意のサイズに拡大/縮小するのが可能です;
  5. PPT、Word、PDFなど様々な形式にエクスポートできる幅広いファイルフォーマットとの互換性があります。
ベクターの数学記号と図形
数学問題の作成には専用の特別記号と図形が不可欠なものだと考えられます。この数学問題作成アプリでは、基本の数学記号、関数、平面幾何学図形、立体幾何学図形、ギリシャ文字などが用意されます。すべての記号と図形がベクターで設計されたので、ご要望のように編集することもできます。
数学記号

f:id:edrawfancy:20170519111106p:plain

f:id:edrawfancy:20170519111120p:plain

3D 幾何学図形

f:id:edrawfancy:20170519111132p:plain

 

あなたが知っておくべき8つのプロジェクトマネジメント手法

ガントチャートPERT図、マインドマップ、カレンダー、タイムライン、WBSチャート、進捗管理、QFDなど、プロジェクト管理者が知っておくべき8つの効果的なプロジェクトマネジメント手法をご紹介します。それぞれのメリットとデメリットを押さえて、自分の仕事に最適なものを選んでください。
 
プロジェクトマネジメントとは
プロジェクトマネジメントは、計画、作業系統化、コスト、資源(人、物)、時間、リスク、進捗などプロジェクトにかかわることを管理することと意味します。それは効率的に業務を行って、プロジェクトを成功に完了させることを目指します。
プロジェクトマネジメントについて、PMBOK(プロジェクトマネジメント知識体系ガイド)という管理の分類と標準があります。PMBOKには、プロジェクト統合マネジメント、プロジェクト・スコープ・マネジメント、プロジェクト・タイム・マネジメント、プロジェクト・コスト・マネジメント、プロジェクト品質マネジメント、プロジェクト人的資源マネジメント、プロジェクト・コミュニケーション・マネジメント、プロジェクト・リスクマネジメント、プロジェクト調達マネジメント、プロジェクト・ステークホルダー・マネジメントという10の知識エリアが含まれます。下記紹介する8つのプロジェクトマネジメント手法はPMBOKにおける一つ、または複数のエリアにかかわるプロジェクトマネジメントに活用されます。
 
8つのプロジェクトマネジメント手法
プロジェクトマネジメントをより効率的行うための手法とツールはたくさんあります。 一般的に使用されるものは、ガントチャートPERT図、マインドマップ、カレンダー、タイムライン、WBSチャート、進捗管理、QFDなどの手法です。

f:id:edrawfancy:20170516101630p:plain

 
ガントチャートは、大規模プロジェクトを一連の小さなタスクに組織的に分割して、プロジェクトの計画と管理に役立ちます。左端がタスクの開始日を示し、右端がタスクの完了日を示す水平バーによって各タスクの持続時間を表示します。タスクは順次、並列、または重複して実行できます。その中に、重要なタスクは小さな菱形でマークされた「マイルストーン」として強調表示されます。カントチャートでは、サブタスクが何であるか、各タスクの開始と終了を明確に認識できます。プロジェクトの視覚的概要を提示すると、プロジェクトのどの段階で何が起こっているべきかを見て、進捗状況を容易に追跡できます。

f:id:edrawfancy:20170516101641p:plain

ガントチャートをより深く理解するように、もっとガントチャートテンプレートを見よう。
 
PERTは、プログラム評価レビューテクニックの略語で、プロジェクトにおけるタスク、作業の処理順序の関係を表現するプロジェクトマネジメント手法。PERT図には、タスクの分割、時間の割り当て、開始日と終了日も表示されます。タスクを表すバーを使用するガントチャートとは異なり、PERT図は、タスクを表すボックスとタスク間の依存関係を表す矢印を使用するネットワークモデルとして情報を表示します。PERT図を介して、タスク間の相互関係と順序を明らかにしやすく、プロジェクト管理の重点と問題点がはっきりしています。

f:id:edrawfancy:20170516101715p:plain

PERTをより深く理解するように、もっとPERT図のテンプレートを見よう。
 
カレンダー
カレンダーは、最も簡単に理解できるスケジュール管理のプロジェクトマネジメント手法です。プロジェクトのタイムスケジュールをわかりやすいカレンダーでリストして、プロジェクトマネジメントにおける時間管理に役に立ちます。

f:id:edrawfancy:20170516101917p:plain

 
プロジェクトタイムライン
タイムラインは、線に沿ってプロジェクトのタスクを時間通りに表示することができます。タイムラインを使用すると、タスクをいつ実行する必要があるかを明確に視覚化します。これは、時間の経過とともにタスクを一覧するのに順序的な方法です。ただし、タイムラインは、タスクの依存関係や完了状態の表示には制限があるから、ガントチャートほど人気がありません。

f:id:edrawfancy:20170516101948p:plain

プロジェクトタイムラインをより深く理解するように、もっとタイムラインの例を見よう。
 
WBSとは、プロジェクト全体を詳細な作業とタスクに分解して木の構造で説明することを指し、作業分解構造(Work Breakdown Structure)の略す。プロジェクト全体を把握した上で、誰がいつで何のことをどのレベルまで完了するかという形式で、やるべき各作業とタスク及びその担当者を洗い出します。PMBOKにおけるスコープ、タイム、コストなどのマネジメントに活用することが良くあります。

f:id:edrawfancy:20170516102012p:plain

WBSをより深く理解するように、もっとWBSの例を見よう。
 
マインドマップも、プロジェクトを管理するためのパワフルなツールです。普通のプロジェクト管理手法とは異なり、マインドマップはフォーマルではなく、さらに柔軟性があります。マインドマップにより、複雑なプロジェクトを小さなタスクに分割したり(WBSによく用いられる)、リストを管理したり、問題を分析したりすることができます。マインドマップを使用すると、写真を挿入したり、ファイルをリンクしたりすることができます。

f:id:edrawfancy:20170516102117p:plain

 
進捗管理は、プロジェクトの進行状況を追跡するのに使用される効果的なツールです。 プロジェクトの持続時間とタスクの関係はあまり詳しく述べられていませんが、進捗状況に重点を置いています。 進捗管理により、プロジェクトリーダーが各作業とタスクの責任者を明らかにし、問題が発生したら効果的に対応でき、プロジェクトチームにおけるメンバーの業績をより明確に評価できます。

f:id:edrawfancy:20170516102158p:plain

進捗管理をより深く理解するように、もっと進捗管理表のテンプレートを見よう。
 
品質機能展開(QFD)
品質機能展開(QFD)とは、顧客の希望と製品の機能との関係を定義して、顧客(市場)の要求を設計、開発の担当者に伝達するため、プロジェクト品質マネジメントにかかわる手法です。QFDには信頼性展開、技術展開、コスト展開、営業展開などの方法が含まれます。顧客(市場)と技術やサービス提供者(開発者)の橋渡しとして、効果的な提案や設計稿を得ることを助けます。品質機能展開表はQFDを行って、視覚化にする手段です。

f:id:edrawfancy:20170516102230p:plain

QFD手法をより深く理解するように、もっと品質機能展開事例を見よう。
 
まとめ
各ツールともそれぞれのメリット、デメリットがあり、適用する場合もいろいろあります。プロジェクトのタイプ、目標などに応じて、適当なプロジェクト管理ツールを選んでこそ、業務を行う効率を向上させたり、管理を系統的にしたりする目的が達成することが可能です。
上記のすべてのプロジェクトマネジメント手法は、Edrawという1つのプログラムに含まれています。 今すぐこのプログラムをダウンロードして、プロジェクト管理図を作成するための強力な機能をお試してみましょう。

フローチャートの良い点って何?

複雑なプロセスの流れ、手順を解析、設計、文書化、管理するのにぴったりするツールはフローチャートだと考えられます。で、なぜフローチャートが作業プロセスの可視化によく使われるのでしょうか。ここで、フローチャートの良い点を考えて、まとめてさせていただきます。

フローチャートの良い点とは何でしょうか?

1. 視覚的な明確性
フローチャートのメリットと考えると、まず頭に浮かぶのは可視化だといえます。複数の進行状況とそのシーケンスを1つのドキュメントに視覚化する、それがフローチャートの役割です。作業進捗状況の追跡、プロセス中の問題の改善などを見極めながら、プロセス流れを容易に理解できます。
2. インスタントのコミュニケーション
フローチャートを使用すると、会議の必要がないこともあります。進行状況と複数の関係者の責任範囲をフローチャートで明確にすることで、チームメンバーがそれぞれに段階的に何をすべきかを即座に理解するのを促進する簡単で視覚的な方法が提供されます。これにより、全体作業をうまく進めていくことができます。
3. タイムリーな調整と修正
フローチャートにより、作業プロセスを追跡することができます。流れに問題があると、それをすぐ発見するのが容易になリます。さらに、作業関連者の担当箇所の明確化で、問題の原因を追求、修正することも効率的にできます。
4. 効果的な分析
フローチャートを介して、より効果的な方法で問題を分析することができます。フローチャートには、様々な図形でプロセスの各ステップに必要なアクションが示されます。一般に、丸みを帯びた矩形はプロセスの開始または終了を定義し、菱形は決定のポイントを示し、四角形のブロックはプロセス中に実行されたアクションを示します。それぞれの図形で表示された意味が一見してわかり、流れやデータの分析が容易になります。
5. 問題解決の推進
問題解決において、フローチャートを作成する意味は、複雑な問題を解決する方法を視覚的に示すことです。フローチャートにより、問題を解決するために必要なステップがはっきりに見えます。このようにして、コストと時間の無駄を減らすことができます。
6. 効率の向上
要するに、効率を向上させることは、フローチャートがずっと活用されている根本原因だと考えられます。プロセスを明確にし、インスタントのコミュニケーションを促進し、問題をタイムリーに発見、解決し、効果的にデータを分析し、それすべてが作業の生産性向上につながります。

フローチャート実例

以上のフローチャートのメリットを活かせれば、仕事において作業プロセスの生産性が高まります。Edraw フローチャート作成ソフトで、様々なフローチャートのテンプレート活用実例が無料利用できます。さあ、お気に入りのを選んで、すばらしいフローチャートを作成し始めましょう。

 f:id:edrawfancy:20170511104506p:plain

f:id:edrawfancy:20170511104529p:plain

f:id:edrawfancy:20170511104534p:plain

     f:id:edrawfancy:20170511104538p:plain