fancyのブログ

EdrawSoft日本向けの広報担当者です。Edraw Max紹介や作図ソフトのおすすめとか、ダイアグラム作成方法とか、仕事の効率を向上させるいいコツなど発表していきたいと思います。創造力を活かし、より視覚的に

マインドマップフリーソフト-MindMaster V6.5登場~

お待たせー

マインドマップフリーソフト-MindMaster V6.5が発表されました。

で、何かの新しいことがありますか。

さっさと見ましょう。

マインドマップコミュニティ

MindMaster V6.5で、マインドマップコミュニティが登場しました。共有と取得を目指しとして、マインドマップコミュニティはユーザーが自分のマインドマップを共有し、自分の問題を解決できる他人のマインドマップを取得するためのプラットフォームです。MindMasterにより、マインドマップを作り、出来上がりをコミュニティに投稿したり、テンプレートが必要とする場合に、コミュニティでキーワードで検索し、お気に入りのマインドマップテンプレートを使用したりすることができます。

f:id:edrawfancy:20181029164028p:plain

ブレーンストーミングモード

マインドマップの応用といえば、言及しなければならないのはブレーンストーミングということです。この新バージョンに、マインドマップブレーンストーミングを楽とやるためのブレーンストーミングモードがご利用いただけます。思いに浸かるきれいなフルースクリーンで、マインドマップをめぐって発想したり、学校、会社などの現場プレゼンをやったり2つの使い方をご提供します。そのうち、アイデア掲示板、カラー鉛筆などのマークツール、タイマーなどの便利なツールを介して、より多くのおしゃれなアイデアを発想し、マインドマッププレゼンテーションをやることができます。

f:id:edrawfancy:20181029163955p:plain

もっと便利なツールと機能

マインドマップをより気楽に描くために、MindMaster V6.5は以下のもっと便利なツールと機能を改善、追加しております。

フルースクリーンモードで編集可能

フルースクリーンモードでマインドマップをプレゼンするときに、そのテキストを変更する必要があれば、今後も楽と行えます。フルースクリーンモードでマインドマップを直接編集することは可能になります。

f:id:edrawfancy:20181029163841p:plain

Excelへのエクスポート機能改善

旧バージョンにおいて、ExcelへのエクスポートはWord、PPTと同じように表示していたのですが、今後はExcelなりの行と列でマインドマップの内容とデータを表示することができます。

f:id:edrawfancy:20181029163824p:plain

トピックの余白をカスタマイズ可能

トピック内のテキストがお気に入りの位置で表示しないことについて文句を言わないください。新バージョンはトピックの余白のカスタマイズ機能をご提供しております。

f:id:edrawfancy:20181029163808p:plain

囲みと要約の枠をドラッグすることで、内容範囲を調整可能

旧バージョンで、囲みや要約を追加すると、全体を削除しない限り、テキスト範囲などは調整できないのですが、今はその枠をドラッグするだけで、選択範囲を調整することができるようになります。

f:id:edrawfancy:20181029163723p:plain

テキストや図形の最近使った色を記録可能

テキストや図形に応用する色もカラーバーに記録しており、再度直接使用することができます。

f:id:edrawfancy:20181029163707p:plain

そのほか、印刷する時に、複数のドキュメントを一回で印刷したり、印刷ページの余白をカスタマイズしたりする機能も利用できるようになります;ダブルクリックでフローティングトピックを追加するもの可能です;また、同じタイプのトピックを一回で選びあてることもできます。

不具合のところの改善も

ガントチャートへエクスポートするときの不具合のところも修正いたしました。

......

さあ、お試してみましょう。

無料体験

EdrawMax V9.3が登場~

先日、EdrawMax V9.3が発表されました。

で、何かの新しいことがありますか。

さっさと見てみましょう。

V9.3と前のバージョンと比べると、最大な違いはそのソフトウェアインターフェースの配色のこととなります。

新たでおしゃれなUIデザインで、作図の旅を楽しんでください。

真新しい配色のUIデザイン

V9.3のUIデザインの配色はオレンジ系の色に変更されました。

爽やかでおしゃれなUIデザインの下で、作図ということもより気軽なことになるのではないでしょうか。

f:id:edrawfancy:20181029152207p:plain

EdrawMax V9.3

f:id:edrawfancy:20181029152307p:plain

もっとイラスト素材を追加

Edraw Maxに内蔵の図形ライブラリはずっと更新し続けています。今回のバージョンで、追加のイラスト素材は主に、教育、人物、祝日にかかわるものです。

教育

f:id:edrawfancy:20181029152448p:plain

f:id:edrawfancy:20181029152546p:plain

f:id:edrawfancy:20181029152756p:plain

f:id:edrawfancy:20181029160253p:plain

人物

f:id:edrawfancy:20181029160347p:plain

f:id:edrawfancy:20181029160403p:plain

祝日

f:id:edrawfancy:20181029160309p:plain

f:id:edrawfancy:20181029160317p:plain

不具合のところの改善も

お客様の声をもとに、ソフトウェアの操作や機能などについて不具合のとことも改善いたしました。以下は今回の改善ポイントです。

Word、PPT、Excel、PDFlへのエクスポート機能;

インターネット印刷でのクラッシュ;

......

さあ、お試してみましょう。

GCPアイコン素材とその使い方

GCP ビッグデータGCP コンピューティング、GCP IDとセキュリティ、GCP モノのインターネットなどを含んで、Googleクラウドプラットフォームアーキテクチャ構築に役立つGCP アイコンをご用意しています。すべてのアイコン素材はベクターベースで、編集可能で、SVGPNG、PSなどの形式でエクスポートして使えます。
Edraw GCP 構成図ツールは、GCP ビッグデータGCP コンピューティング、GCP デベロッパーツール、GCP IDとセキュリティ、GCP モノのインターネット、GCP ネットワーキング、GCP ストレージとデータベースなどバラエティ豊かなGCP アイコンセットを提供します。これらのベクターのアイコン素材は、プロ並みで見栄え良いGCPアーキテクチャ構築のドキュメントを作成するのにかなり役立ちます。GCP ネットワーク図を設計し始める前に、まずはこれらのGCP アイコンをご了解しましょう。

GCPアイコン一覧表

f:id:edrawfancy:20180522111726p:plain

f:id:edrawfancy:20180522111842p:plain

Edraw GCP 構成図ツールを無料ダウンロードして、すべてのGCPアイコンを入手しましょう。

GCP アイコン素材の使い方

Edraw Maxに組み込まれているGCP アイコン素材はすべてベクターでデザインされておるから、アイコンのスタイルが統一されたけど、ユーザーはそれにサイズ、色などをお好みのようにカスタマイズすることも可能です。以下はこれらのGCP アイコン素材の使い方について詳しく解説します。
ドラッグ&ドロップで使える
Edraw GCP 構成図ツールに組み込まれているアイコンはすべて、ドラッグアンドドロップの簡単な操作で使用できます。ライブラリから必要のアイコンを選び当てて、作図ページにドラッグしてGCP 構成図の作成を始めます。図形上の緑のハンドルを介して、図形を任意の角度に回転したり、サイズを調節したりすることができます。

f:id:edrawfancy:20180522111912p:plain

ワンクリックでSVGなどにエクスポートできる
Edrawに組み込まれたGCP アイコン素材は、前述のようにカスタマイズすることができるだけでなく、SVGPNG、PSなどの形式にエクスポートして使用するも可能です。他の使いがあれば、必要のアイコン図形をSVGPNGなどのファイル形式として保存し、自由に使うことは可能になります。

f:id:edrawfancy:20180522111928p:plain

新たなアイコンを自らで描く
GCPネットワーク図を書くときに必要とされるけど、プログラムに内蔵のアイコンライブラリには見つけない場合はどうすればの良いでしょうyか。ご心配ないで。Edrawにはユーザー自らで新たなアイコンやイラストを設計するための一連のツールも搭載されています。これらの便利なツールで、ご希望のアイコンも自分で描くことも可能です。

f:id:edrawfancy:20180522112043p:plain

GCP構成図ツール - GCPアーキテクチャ構築を簡単に

Edraw GCP構成図ツールは、GCPアーキテクチャ図を構築するための効果的なソリューションを提供します。内蔵のベクターGCPアイコン素材を使用して、プロで見栄え良いGoogleクラウドプラットフォームアーキテクチャ図を簡単に作成できます。

GCP構成図ツール

Edraw Maxは、Googleクラウドプラットフォームアーキテクチャ図を描くための豊富なアイコン、既製のフリーテンプレート、スマートで高度な機能ツールを提供します。このGCP構成図ツールを介して、GCPアイコンをドラッグアンドドロップし、自動配置をしたり、テキストを付け足したりして、GCPネットワーク図を一気に仕上げます。作業が完了したら、ドキュメントをクラウドに保存でき、PDFやOfficeドキュメントを含むさまざまな形式でエクスポートして自由に使用することも可能です。Edraw GCP構成図ツールは、GCPアーキテクチャ図を構築するための効果的なソリューションを提供します。内蔵のベクターGCPアイコン素材を使用して、プロで見栄え良いGoogleクラウドプラットフォームアーキテクチャ図を簡単に作成できます。

f:id:edrawfancy:20180516105227p:plain

なぜEdraw はGCP 構成図の作成に優れたツールですか、理由を発見しましょう。

対応OS

GCPアーキテクチャ図作成ソフトの特徴まとめ

Edraw GCPアーキテクチャ図作成ソフトは、ユーザが高効率で作図を完了するのに役立つ便利かつ使いやすい機能を備えています。具体的には、以下の10つのポイントがあります。
  1. クロスプラットフォームMacWindows、およびLinuxシステムとも対応する。
  2. 馴染みやすいインターフェース: Microsoft 製品(OfficeやVisio)のような直観的なインターフェースで設計された。
  3. 高品質アイコンセット: プロで高品質のベクターGCPアイコンセットを提供する。
  4. 使いやすい機能: ドロップアンドドラッグ、自動配置、自動接続などスマートで便利なな機能が搭載されている。
  5. 既製のフリーテンプレート: 作図を迅速に開始するための既製の無料テンプレートを提供する。
  6. 多様化のエクスポート形式: 出来上がりをPNG、PDF、JPG、SVGVisio、Word、PPT、Htmlなどの形式にエクスポートできる。
  7. 複数ページ作図: 大規模なプロジェクトや複数ページの作図作業をサポートする。
  8. 編集可能なコンテンツ: テキストボックスの追加と管理は簡単。
  9. 豊富な添付要素: ハイパーリンク、添付ファイル、注釈、コメントなど、さまざまな要素の添付をサポートする。
  10. Cloud サービス: ドキュメントを保存したり共有したりするための個人やチームクラウドスペースを無料で利用可能。

ベクターGCPアイコン素材

ユーザーがプロ並みのGCP 構成図を書けるため、Edrawは高品質で編集可能なベクターGCPアイコンセットをご用意しています。GCP ビッグデータGCP コンピューティング、GCP デベロッパーツール、GCP IDとセキュリティ、GCP モノのインターネットなどを含む9つのカテゴリのアイコンが含まれています。すべてのアイコン素材はドラッグアンドドロップだけで使え、色、サイズなどもカスタマイズできます。

f:id:edrawfancy:20180516105624p:plain

テンプレートからGCP 構成図の作成を始める

ベクターのアイコンのほかに、このツールで作れたGCP 構成図のテンプレートと事例もご提供します。GCP構築の初心者や苦手の方にとって、時間と労力かかってゼロから作図を始めるのではなく、既製のテンプレートを直接編集して、新たな素敵なGCPネットワーク図の出来上がりを得るのは可能です。 以下にいくつかのテンプレートを示します。
GCP アーキテクチャ図事例-モバイルアプリ

f:id:edrawfancy:20180516105558p:plain

GCP 構成図テンプレート

f:id:edrawfancy:20180516105609p:plain

 

ベクターのAzure アイコンセット

Azure Cloud アイコン、Enterprise アイコン、常用記号、システムセンターアイコンなどを含んで、Azure構成図を書くためのAzure アイコンセットをご用意しています。すべてのアイコンと素材はベクターベースで、編集可能で、SVGPNG、PSなどの形式でエクスポートして使えます。

Azure アイコンセット

Edraw Azure 構成図ツールは、Azure Cloud アイコン、SQL、データベース、Intune 記号、Microsoft 製品アイコン、VMs by Functionアイコンなどの標準的なAzure 基本アイコンを提供します。これらのベクターのアイコン素材は、プロ並みのAzure 構成図を作成するのにかなり役立ちます。Azure 構成図を書き始める前に、まずはこれらのAzure アイコンをご了解しましょう。
Azure Cloud アイコン

f:id:edrawfancy:20180512124744p:plain

Azure Enterprise アイコン

f:id:edrawfancy:20180512124734p:plain

Azure 常用記号

f:id:edrawfancy:20180512124719p:plain

Azure Intune アイコン

f:id:edrawfancy:20180512124706p:plain

Azure Microsoft 製品アイコン

f:id:edrawfancy:20180512124653p:plain

Azure システムセンターアイコン

f:id:edrawfancy:20180512124642p:plain

Azure VMs by Function アイコン

f:id:edrawfancy:20180512124628p:plain

Azure Deprecated アイコン

f:id:edrawfancy:20180512124613p:plain

Edraw Azure 構成図ツールを無料ダウンロードして、すべてのAzureアイコンを入手しましょう。

Azure アイコン素材の使い方

Edraw Maxがご提供したAzure アイコン素材はすべてベクターでデザインされておるから、サイズ調整、色変更など自由に編集することは可能です。以下はこれらのAzure アイコン素材の使い方について詳しくご紹介します。

ドラッグ&ドロップだけで使える

Azure 構成図を作成するには、Azureライブラリからご希望のAzure アイコンをドラッグ&ドロップするだけで可能です。アイコンを選び当てて、作図ページにドラッグして、緑のハンドルを介して、図形を任意の角度に回転したり、サイズを調節したりすることができます。

f:id:edrawfancy:20180512124559p:plain

Azure アイコン素材の色を変更する

ソフトに内蔵のAzure アイコンセットは統一された配色で設計されたのに、その塗りつぶしをカスタマイズすることも可能です。図形を選び当てて、ソフトインターフェースボトムにおけるクイックカラーバーからお気に入りの色を選びます。または、ショートメニューにおけるスタイルの設定ボタンを介して、色をワンクリックで変更します。

f:id:edrawfancy:20180512124546p:plain

ワンクリックでSVGなどにエクスポートできる

Edrawに組み込まれたAzure アイコン素材は編集可のだけでなく、SVGPNG、PSなどの形式でエクスポートして使うこともできます。他の使いがあれば、必要のアイコン図形をSVGPNGなどのファイル形式として保存し、自由に使うことは可能になります。

f:id:edrawfancy:20180512124527p:plain