edrawfancyのブログ

EdrawSoft日本向けの広報担当者です。Edraw Max紹介や作図ソフトのおすすめとか、ダイアグラム作成方法とか、仕事の効率を向上させるいいコツなど発表していきたいと思います。創造力を活かし、より視覚的に

500個以上のインフォグラフィック用のフリーベクターアイコン

インフォグラフィックデザイン用の500個以上のベクターアイコンを無料でダウンロードできます。 地図、基本アイコン、チャートとグラフなどを含み、.eddx、.svg、.eps、.pngで使える様々なアイコン素材をご利用いただけます。
インフォグラフィックは、退屈なデータや情報をビジュアルプレゼンテーションで表現する効果的な方法です。適切に設計されたインフォグラフィックスが適切な視聴者にアピールし、コンテンツマーケティングキャンペーンを促進するのに役立ちます。今回は、インフォグラフィックをデザインする時にご参考として使え、500以上のベクターインフォグラフィックアイコンをご用意しています。 .svg形式のアイコンセットを無料でダウンロードできます。
インフォグラフィックを作成するときに、多くのアイコンが必要で、さらにインフォグラフィックをより読みやすくするには、適切で見栄えのよいアイコンが必要です。以下は、インフォグラフィックデザインによく用いられるシンプルな基本アイコンです。

f:id:edrawfancy:20170720112511p:plain

世界地図をはじめ、円グラフ、循環グラフ、リスト、アイコングラフなど、様々なアイコンを含むインフォグラフィック素材キットをご利用できます。

f:id:edrawfancy:20170720112451p:plain

図形ライブラリから適切な吹き出し素材を選択して、インフォグラフィックをきれいにします。 吹き出し図形のサイズ、色、スタイルはカスタマイズ可能です。

f:id:edrawfancy:20170720112437p:plain

インフォグラフィック矢印素材は、コンテンツをナビゲートしたり、ポイントを強調表示する場合に必要となります。以下が示す通り、多種多様な矢印アイコンをご利用できます。

f:id:edrawfancy:20170720112424p:plain

以下のベクターのアイコンや図形の色、サイズなどをカスタマイズして、インフォグラフィックを飾ることができます。

f:id:edrawfancy:20170720112411p:plain

このインフォグラフィックアイコンのセットには、FacebookPinterestSkypeTwitter、linkedinなどいろいろなソーシャルメディアアイコンが含まれています。各アイコンには複数のデザインスタイルがあり、ご要望によって適切なアイコンを選ぶことは可能です。

f:id:edrawfancy:20170720112354p:plain

インフォグラフィッククリスマス素材
クリスマスをはじめ、バレンタインデー、誕生日、ハロウィン、こどもの日など多くの祝い日に関連するアイコンも無料で使えます。

f:id:edrawfancy:20170720112338p:plain

子供、男女、お年寄りなど人物の図形もインフォグラフィックスによく見られます。ここでは、ビジネス活動、教育、ショッピング、旅行など様々なシーンに用いられる人物のアイコンが用意されています。

f:id:edrawfancy:20170720112324p:plain

様々な運動中の人、バスケットボール、フットボールなどいろいろなスポーツタイプ、などスポーツにかかわるインフォグラフィックをデザインする時にご参考として使えるベクターのスポーツ素材も提供します。

f:id:edrawfancy:20170720112255p:plain

食べ物に関する情報を表現する必要がある場合、これらのアイコンはご参考になります。食べ物、飲み物、果物、食器などいろいろ含まれます。

f:id:edrawfancy:20170720112233p:plain

インフォグラフィックアイコンの使い方
Edrawインフォグラフィックデザインソフトを介して、上記のアイコンを簡単にカスタマイズすることができます。図形ライブラリからドラッグして、キャンバスにドロップします。ご要望によって色、サイズ、分解/結合、回転などを自由に編集することは可能です。

f:id:edrawfancy:20170720112216p:plain

インフォグラフィックツールを無料ダウンロードして、すべてのベクターアイコンを見ましょう
 
もっとインフォグラフィック素材を見る
プログラムには、より多くのインフォグラフィックアイコンを無料でご利用いただけます。見出しボックス、環境、花、ハート、ビジネス、ファッションなど10000個以上のベクターのインフォグラフィックアイコンを見つけることができます。

SEOに役立つインフォグラフィックデザインのポイント

近年、最も重要なコンテンツマーケティングツールの1つとして、インフォグラフィックスの使いが世界中に広まっていきます。けれど、インフォグラフィックが大きな画像としてウェブサイト上で共有されているだけで、SEO対策になれるのに疑いをさしはさむ人がいます。Googleインフォグラフィックを識別できますか?インフォグラフィックスはあなたのウェブサイトのランクを上げるのに役立つのでしょうか? 答えは間違いなく「はい」です。ここでは、SEOに役立つインフォグラフィックを作成するポイントやヒントをご紹介します。
1. インフォグラフィックを魅力的で共有しやすくする
インフォグラフィックスは単なるテキストよりも読者の注目を集めています。優れたインフォグラフィックは、特にコンテンツが説得力があり魅力的である場合に、ネットワーク上の人々が共有する可能性が高くなります。人々は読み価値のあるものを共有するというわけで、人々が興味を持っている、または頻繁に言及されている注目やトップの話題を選ぶのは良いのです。インフォグラフィックを広めるための素晴らしいプラットフォームであるソーシャルメディアサイトを活かしてください。
f:id:edrawfancy:20170717104028p:plain
2. コンテンツ形式を最適化する
「魅力的」は唯一の標準ではありません。コンテンツの他に、検索エンジンにぴったりしたコンテンツ形式を維持する必要があります。たとえば、インフォグラフィックが何を話しているかを要約した適切な見出しから始めなければなりません。タイトルの下には、簡単な説明をいくつか記載します。インフォグラフィックの本文は、サブタイトル、テキスト説明、画像ともあるいくつかのセクションに分かれています。厳密にこの構造に従う必要はありませんが、少なくとも混乱しないでください。
f:id:edrawfancy:20170717104100p:plain
3. 適切なalt属性を追加する
インフォグラフィックが大きな画像となることは多いため、Googleがテキストに従ってクロールできるように、適切なalt属性で画像にタグを付ける必要があります。alt属性が正確でぴったりするかどうかを確認してください。インフォグラフィックをWebページ上のセクションに分割した場合は、各々の画像にalt属性を追加する必要があります。
4. インフォグラフィックをボットに読みやすくする
インフォグラフィックを大きな画像としてアップロードするのはいつでも簡単です。しかし、可能であれば、HTML版を作成する方が良いでしょう。イメージバージョンとコードバージョンは異なる効果をもたらすからです。画像バージョンは、PinterestGoogle+Instagramなどの画像ベースのソーシャルメディアで簡単に公開、宣伝できます。コードバージョンは、ブログ、記事投稿などのテキストベースのウェブサイトに適しています。テキストがコード化されており、検索エンジンのボットで読み込まれることが可能で、HTMLバージョンは画像バージョンよりも簡単で高速に検索エンジンにクロールされることができます。

f:id:edrawfancy:20170717104128p:plain

5. 他人が共有可能な埋め込みコードを作成する
埋め込みコードを作成すると、人々はソーシャルネットワーク上で共有するだけでなく、自分のウェブサイトで共有するのに役立ちます。「埋め込みコード」は、コードをコピーして貼り付けるだけで、自分のWebページにインフォグラフィックを表示できるHTMLコードの一部分です。あなたのインフォグラフィックスが他人に埋め込みコードで自分のウェブサイトにはめ込まれるなら、よりもっとのバックリンクを取得するは可能です。

f:id:edrawfancy:20170717104139p:plain

 

10分間でインフォグラフィックレイアウトをきれいに

インフォグラフィックのレイアウトを詳しく学びましょう。この記事におけるガイドラインとポイントを押さえれば、初心者もインフォグラフィックをきれいにレイアウトするようなります。
インフォグラフィックをデザインすることは、ビジュアル要素をまとめるだけではありません。これらのビジュアル要素(情報)のレイアウトを最適化して最高の視覚的な効果を得るのは何よりも重要なのです。どうやってインフォグラフィックを上品で魅力的にレイアウトしますか?デザインの専門家でない場合は、これらのインフォグラフィックレイアウトデザインガイドラインを参考するのはお勧めです。この記事をご参考として、素敵なインフォグラフィックデザインを進めてください。
 
ヘッド・ボディー・フッタースタイルの構成
一般には、インフォグラフィックはヘッド、ボディー、フッターという3つの部分から構成されています。 ヘッドには、必要に応じてメインタイトルと短い説明が含まれることがよくあります。タイトルにはインフォグラフィックの焦点を目立たせる必要があります。読者の目を引き付け、もっと読ませてくれるようにしてみてください。大胆で大きさの文字を使用したり、画像を追加したりするなど、ヘッドを目立たせるために多くの方法があります。一目で忘れられないインフォグラフィック見出しをデザインする方法を見ましょう。
フッターには、制作者、作成日、参考文献(情報のソース)などが記載されます。フッターについて特別な注意は必要なくて、ただデザインをシンプルにし、文字を小さくすることだけでご注意ください。
ヘッドとフッターの間にはボディーがあります。インフォグラフィックのコンテンツが充実していれば、ボディーはかなり長くなる可能性があります。こういう場合には本文を複数のセクションに区切るのは良いのでしょう。各セクションにはその見出し(サブタイトル)があります。セクションのレイアウトは同じスタイルと色または異なるスタイルと色、長く短い、何でもかまいません。コンテンツにぴったりして、インフォグラフィックバランスを取ることだけに気をつける必要があります。

f:id:edrawfancy:20170712104058p:plain

インフォグラフィックのボディーをどのようにレイアウトするのか
以下、インフォグラフィックのボディーをレイアウトするために具体的なポイントをいくつかご紹介します。
1. メインコンテンツを区切り、サブタイトルを使用する
インフォグラフィックはよく長いページにデザインされたものです。インフォグラフィックを読む時、ほとんどの読者まずはページ全体をスキャンし、興味を持っているものを得るためにビジュアル要素を探します。したがって、ライン、色違いなどを介してコンテンツをセクションに分割して、サブタイトルを追加します。サブタイトルにより、読者は何を読むことがわかるようになります。(タイムラインやフローチャートなどのスタイルのインフォグラフィックは分割する必要がありません)

f:id:edrawfancy:20170712104124p:plain

2. 各セクションのコンテンツをきれいにレイアウトする
インフォグラフィックは、テキスト、グラフィック、チャート、マップ、アイコンなどを組み合わせてからなるものです。画像及び関連するテキストを配置する方法があります。テキストの長さに応じて画像のサイズは異なります。以下が示す通り、画像(または図表)をテキストと組み合わせる方法について、いくつか提案します。

f:id:edrawfancy:20170712104137p:plain

インフォグラフィックレイアウトワイヤーフレームを使用すると、シンプルなブロックとアイコンを介してデザインアイデアを図解できます。グラフィックス、テキスト、その他のビジュアル要素の最適な組み合わせで基本構造をマップすることは可能です。ワイヤーフレームにより、様々なレイアウトスタイルをプレビューし、それぞれの欠陥を明らかにし、比較を行って、最終的にお気に入りのレイアウトスタイルを選択できます。ここでは、いくつかのよく見られるインフォグラフィックレイアウトテンプレートをご紹介します。

f:id:edrawfancy:20170712104156p:plain

レイアウトに応じてデータやグラフィックスを追加する
ワイヤフレームが完了すると、インフォグラフィックを描き始めます。レイアウトのスタイルに応じて、情報に関してのデータやグラフィックス、地図やチャートとグラフなどを追加してください。

f:id:edrawfancy:20170712104213p:plain

内蔵のインフォグラフィックテンプレートから始める
インフォグラフィックをレイアウトするための「ショートカット」は、既製のテンプレートを使用することです。何百ものインフォグラフィックステンプレートから1つの選んで、ありあわせのレイアウトを使って、自分のコンテンツを入力したり、画像を変更したりテンプレートを編集して自分のインフォグラフィックを作り出します。オンラインに無料のインフォグラフィックステンプレートもたくさん利用できます。

f:id:edrawfancy:20170712104258p:plain

Edrawインフォグラフィック作成ソフトをダウンロードして、おしゃれなインフォグラフィックレイアウトをデザインしてみましょうか。

インフォグラフィックデザインに陥りがちな3つの間違い及びその対策

 

ここでは、インフォグラフィックデザインにおいて、製作者が陥りがちな3つの間違いをまとめてご紹介し、さらにそれぞれの対策ポイントをお伝えします。この記事を読んでから、これらの間違いを避けて、素敵なインフォグラフィックをデザインするようになります。
インフォグラフィックデザインによくみられる間違い - トップ3
1) 間違い1:不正確な情報
データのソースの信頼性、情報の多様性、製作者の不注意などいろいろな原因のため、インフォグラフィックには間違った情報や不正確な情報が記載されていることがあります。「情報」を伝えるためのインフォグラフィックにおいて、この間違いは絶対許せないのです。
2) 間違い2:退屈で読者を眠らせる
インフォグラフィックデザインに最も見られる問題は味気ないコンテンツや悪い組織で読者を引き付けがたいにあるのでしょう。これもかなり工夫が施される必要がある間違いで、改善にはあまり簡単ではないのです。
3) 間違い3:インフォグラフィックにテキストが多すぎる

f:id:edrawfancy:20170707104045p:plain

インフォグラフィックにはテキストが多すぎれば、その焦点はビジュアル要素の代わりに、テキストに当てるようになります。ビジュアルプレゼンテーションであるインフォグラフィックにはそれは何かおかしくないのでしょうか。さらに、そんなに長いテキストについて、読者は読む気がない恐れがあります。
 
上記間違いを避けるための対策
1) 対策1:情報の信頼性をしっかり確認する
参考資料やソースの信頼性を保証する上に、データの調査、情報の収集などをしっかりと行ってください。正確な日付、顧客の引用、成績、専門家のサポート、適切な画像などの要素はあなたの情報の説得力を強めるのに役立ちます。
インフォグラフィックリサーチでデータを収集する方法を学ぼう。
 
ヘッドから始め、人目を引き付けます。良い見出しにはフォント、レイアウト、背景、装飾、見出しの用語などの要素にも工夫を施す必要があります。見出しのデザインについて、見出しを魅力的にしながら、色やテーマをできるだけ一貫してバランスが取れることをご注意ください。

f:id:edrawfancy:20170707103957p:plain

3) 対策3:テキストを簡潔でシンプルにする
言葉の代わりに、グラフィック、チャートとグラフ、アイコン、タイムラインなどでテキストやコンテンツを表すのは良いでしょう。人物や建物をアイコンで、データの分析をチャートとグラフで、事件の語りはタイムラインで、インフォグラフィックにおけるテキストを簡潔でシンプルにし、コンテンツを視覚的に表現する方法は枚挙にいとまがありません。デザインに応じて、適切な方式を選んでください。

f:id:edrawfancy:20170707103926p:plain

インフォグラフィックデザインを目立たせるための7つのコツ

おしゃれなインフォグラフィックを簡単に作りたいのでしょうか?ここで、インフォグラフィックスデザインを目立たせるための7つのコツをご紹介します。これらのコツを意識すれば、きれいで魅了的なインフォグラフィックを作り出すのは簡単になります。
インフォグラフィックスとは、複雑なデータを簡単に説明し、表現するための視覚化ツールです。さらに、ビジネス、教育、ネットワークなど様々な業界に注目されているコミュニケーションの形の1つになります。それにより、効果的で目を引く印象的なインフォグラフィックを作り出すことがいかに重要であるとはくどくど言うまでもありません。このページでは、あなたのインフォグラフィックデザインを目立たせるためのデザインコツや制作ポイントをご紹介します。
 
1.インフォグラフィックのターゲットを明確に
インフォグラフィックをデザインする前にそれに記載するものを誰に見せるかということを意識するようにしましょう。専門者や一般の人々?学生やサラリーマン?子供や大人?などターゲットオーディエンスの身分を意識して、それらのレベル、好き嫌いなどに応じて、合っているインフォグラフィック要素、テーマを選ぶ必要があるというわけです。はやっているから、一気に何もインフォグラフィックデザインに加えることはだめです。

f:id:edrawfancy:20170704110715p:plain

2. インフォグラフィックの焦点をはっきりと
インフォグラフィックスは複雑な情報を簡単な方法で表現するために生まれてきたものです。情報を可視化にして、わかりやすくするのに役立ちます。そのため、インフォグラフィックスの目的を達成するようにすれば、伝えたい情報をきわめてはっきりとして表現しなければならないのです。インフォグラフィックスにすべてのことを入れて焦点を目立たせるのは不可能で、中心となる情報を抽出する必要があります。

f:id:edrawfancy:20170704110703p:plain

3. ビジュアルストーリーで表現する
レイアウトをきれいにすると、インフォグラフィックスをより魅力的で読みやすいものにすることができます。「短い」グラフィックで豊富な情報を伝達することを目指すから、インフォグラフィックにおけるストーリーは瞬時で語られべきです。そのため、インフォグラフィックに多くのテキストを追加する必要はなく、タイムラインを使用して時間とともに変化するものを表示するのはよいでしょう。例えば、以下のインフォグラフィックは新年旅行計画をタイムラインの形で示されています。それにより、旅行時間と目的地の情報を簡単かつ迅速に得ることができます。
インフォグラフィックレイアウトテンプレートでおしゃれなレイアウトアイデアを探しましょう。

f:id:edrawfancy:20170704110646p:plain

4. シンプルにする
3D効果のチャート、装飾用のイラスト、関係なしの要素など不要なデザインを避けてください。1つのレイアウトで5色以上を使用しないようにしましょう。派手すぎる装飾と色が読者に注意力を散漫にさせる恐れがあるからです。

f:id:edrawfancy:20170704110630p:plain

5.コントラストの色を適度で使う
オレンジ、赤、黄のような暖色系と青、紫、緑のような寒色、 カラーホイールにおけるコントラストの色を使うのはお勧めです。類似の色を使えば、インフォグラフィックス上のオブジェクトを互いに区別しにくくなります。コントラストが強いほど、インフォグラフィックスを読みやすくなります。一方、コントラストカラーを使用すると、インフォグラフィックスがきれいなり、他のページからも際立つようになります。たとえそうだとしても、コントラストカラーを使いすぎるなら、期待と裏腹の結果となる可能性があります。だから、コントラストの色を適度で使ってください。

f:id:edrawfancy:20170704110614p:plain

6. 適切なチャートとグラフを選ぶ
データのタイプは、インフォグラフィックスで使用する必要のあるグラフやチャートの種類を決めているのですから、「それはデータ項目間の比較ですか?」「 時間の経過と共に変化の傾向がありますか?」 「各項目の比例は明らかにしていますか? 」など表現したいデータを分析して、そのタイプを把握してみてください。時系列の変化を示すのに折れ線グラフや縦棒グラフは最適で、データ項目間の比較には円グラフ、横棒グラフ、比較図、レーダーチャートなどの選択肢があります。

f:id:edrawfancy:20170704110559p:plain

7. インフォグラフィックスを使用場合に合わせる
印刷のためにインフォグラフィックなのに、印刷された出来上がりにはテキストが小さすぎて読みにくくなる、こういうような使用する必要の場合に適用できないインフォグラフィックを作り出すことはあります。これを防ぐために、ディメンションを決定する前に、その使用場所を特定して、インフォグラフィックを期待される環境に合わせなる必要があります。
 
まとめ
要するに、インフォグラフィックスの作成は簡単なのに、目立った魅力的なインフォグラフィックのデザインには工夫を施す必要があります。ターゲットオーディエンス、コンテンツ、配色、レイアウト、用途などいろいろのことを考慮すべきのです。以上紹介された7つのデザインコツは文字だけでインフォグラフィックの制作について説明しますから、本格なインフォグラフィックデザインはやはり自らで実践するのは良いと思います。前述のコツをインフォグラフィックデザインに活かして、自らですばらしいインフォグラフィックを作りましょう。